さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

「勉強したい」思いを支援 橋本で無料学習塾始まる

教育

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

 経済的な理由から塾に通うことができない子どもたちに、無料で学習支援を行う「相模原みのり塾」が先ごろ設立された。市内でこういった無料の学習塾ができたのは初めて。中学1〜3年生を対象とし、毎週日曜日に橋本公民館(イオン橋本6階 シティプラザはしもと内)での授業を予定して、現在生徒を募集している。

 子どもの貧困問題が叫ばれる現代では、経済的な理由から塾に通うことができず、「学校の授業についていけない」「もっと勉強がしたい」と悩む子どもたちも多いという。そんな子どもたちに向けた取り組みとして、入会金や会費を一切取らない無料学習塾が全国的に広がりつつある。

 同塾の代表である小布施実穂子さん(中央区在住)も2年前から、八王子市にある無料学習塾「八王子つばめ塾」に講師として参加していた。参加したきっかけは東日本大震災の被災地で大学生たちがボランティアで被災した子どもたちに勉強を教えている報道を見たことだった。「自分もこんなふうに地域の子どもたちの力になりたいと感じました」と小布施代表。育児が落ち着いたことを契機に、インターネット上で見つけた「八王子つばめ塾」の活動に賛同し、講師として参加を決めた。そこで勉強に対し、積極的に取り組む子どもたちの姿を見て、「ぜひ相模原の子どもたちにも無料塾を開きたい」と思い、今回の設立に至った。

 入塾条件は「勉強ができるようになりたいという気持ちが強いこと」「他の有料の塾に通っていたり、家庭教師に習っていないこと」「ご家庭が経済的に困難であること(収入の証明は不要)」とする。講師は社会人や大学生のボランティアが務める。「お金がなくても『勉強したい』という気持ちを大切にしてあげたい」と小布施代表は話す。ボランティア講師も募集している。

 入塾希望・問合せは【メール】minorijyuku@gmail.com、または小布施さん【携帯電話】050・5307・2233まで。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク