さがみはら緑区版 掲載号:2017年11月2日号
  • LINE
  • hatena

シングル「真夏のHANABIは遊びに師なしてるて姫」を発表し、小原宿本陣祭に出演する 根本 もねさん 南区内芸能プロダクション所属 21歳

将来は「相模原の顔」に

 ○…「この曲を歌い始めて、相模原の様々な場所で温かい声援をいただくようになった」。今夏、市内に伝わる『照手姫伝説』をモチーフにしたシングルを発表。「高田橋」、「相模川」など市民にはお馴染みの地名も登場する同曲をきっかけに、市内各所のイベントに呼ばれるなど歌手として注目を集めている。

 ○…埼玉県出身、在住。小さな頃から歌や踊りが好きで「モーニング娘。」や「AKB48」に憧れた。高校3年時、友人の誘いがきっかけで芸能界入り。当初は学校の許可が下りず、「あの子」という芸名で顔も隠して活動していたという。アイドルグループを経て、昨年アーティストに転向した。現在は都内の大学に通いながらカラオケ店でアルバイト、並行して所属事務所のある相模原を中心に歌手活動、と多忙な日々を送る。アルバイト先での1人カラオケが気分転換の時間だ。

 ○…上から読んでも下から読んでも、ねもともね。ユニークな響きの名前は、美大出身の父が画家クロード・モネから名付けた。「サザエさん一家のように仲が良い」という祖父、祖母、父、母、弟の6人家族で、「父と弟は、コンサートの最前列で応援している」そう。真面目な性格でグループ時代はリーダーを務めたが、自分のこととなると大ざっぱな一面もあり、「なかなか部屋が片づけられないんです」と苦笑い。

 ○…現在大学4年生、周囲が進路を決めていく中で「もちろん焦りもある」が、歌手という信じた道を突き進む。11月3日(金・祝)には「甲州街道小原宿本陣祭」への出演を控え、「歴史あるイベントは初めてなので緊張もあるが、自分の歌で盛り上げたい」と意気込みを語った。「家族やファンの方々の支えのおかげで、貴重な経験ができている。今後はご縁ができた相模原のためにできることを考え、いずれは市内で誰もが知っている存在になりたい」。聞く人の心に残る歌を、全身で届けていく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

宮崎 哲朗さん

今夏から相模原市相模原佛教會会長を務めている

宮崎 哲朗さん

12月13日号

遠藤 春仁(はると)さん

ウェイクシリーズ アマツアーの総合ランキング1位を獲得し、プロに昇格する

遠藤 春仁(はると)さん

12月6日号

石澤 開(かい)さん

ボクシングの日本ユース・ミニマム級王座を獲得した

石澤 開(かい)さん

11月29日号

石井 重次(じゅうじ)さん

「2018年度(第25回)日本グランドシニアゴルフ選手権」で優勝した

石井 重次(じゅうじ)さん

11月22日号

沖 美紀さん

「第10回 フラワーデザインコンテスト クイーンズカップ」のプリザーブドフラワー部門で優勝した

沖 美紀さん

11月15日号

夕凪 禅次郎さん

石老山を中心とする津久井の山並みを「心深く…相模の寝姿観音」というタイトルで情感溢れる歌にした

夕凪 禅次郎さん

11月8日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク