さがみはら緑区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

ドローンで鳥獣被害を空撮 名倉、夏季に続く冬季調査

経済

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
前回と同じ約40mの高さを飛行させた
前回と同じ約40mの高さを飛行させた

 かながわ鳥獣被害対策支援センター(平塚市)は1月16日、ドローンを使用した空撮による、鳥獣被害の現況調査を名倉地区で実施した。

 津久井地域の農業従事者にとって死活問題となっている鳥獣被害。休耕地の増加や、過疎化にも深く起因しているといわれ現在、個別の農家や地区ごとに各々の対策を講じている。

 この調査は昨年9月に初めて行われたもので、その時と全く同じエリアを飛行調査することで、集落周辺の夏と違った冬季の樹林地や藪の様子、作付け状況、柵の設置状況などを調査する目的がある。

 当日は、天気に恵まれた中、約2時間の空撮を実行。前回の調査で一番有効だった高度40mを中心にドローンを飛ばして、名倉エリアの状況や季節の変化を空撮した。同センターでは「まだデータが、撮影した業者から届いていませんので詳細はわかりませんが、今回と9月に行った調査の画像や、夏場と冬場の同地区の季節変化を地図上に見えるようにまとめて、今後名倉地区で予定される鳥獣被害対策の勉強会の中で検討し、有効活用していきたい」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

日赤に清浄機と寄付金

日赤に清浄機と寄付金 経済

津久井中央・橋本RC

1月14日号

アリオに神社が出現

アリオに神社が出現 文化

2月15日まで 照天神社

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 市病院協会主催

1月14日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

官民連携で達成めざす

特別座談会続き(第2回)

官民連携で達成めざす 社会

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク