さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した 野田 朱美さん 東京都狛江市在住 49歳

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

サッカー人生の集大成を

 ○…「目標は日本一。これまで学んだことを全て出して、自分の集大成としたいですね」。昨季まで7年間指揮を執り、チームをなでしこリーグ1部3位まで導いた菅野将晃氏の後任として、今季からノジマの監督に就任した。選手、指導者としてだけでなく、協会理事として女子サッカーの普及にも携わってきた第一人者は「頂点を狙える環境は整っています」と確かな自信をのぞかせる。

 ○…小学校6年でボールを蹴り始め、中学校からは読売サッカークラブ女子・ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザの下部組織)に入団。そこで頭角を現し、中学3年時には当時最年少で日本代表に選出された。「女性がサッカーなんて、怪我するからやめなさい、と言われる時代でした。サッカーが好きで、競技として社会に認めてほしい一心で戦ってきました」。以降、1996年の引退まで初のワールドカップ、オリンピック出場を果たすなど、女子サッカー界の黎明期(れいめいき)をけん引した。

 ○…幼少期から「とにかくまずはやってみる」行動派。現役引退後、プロゴルファーをめざし渡米するも、奮闘の末に挫折した経験をもつ。「とことんやってみて、駄目だったら諦めることも必要。どれだけ真剣に目標を追ったのかが大事です」。ゴルフは今も趣味として続けている。

 ○…4連覇中の王者、日テレ・ベレーザの牙城を崩すためには、集団の強さを積み上げていく必要があるという。めざすのは「11人全員が攻守において常に連動するサッカー」。チーム強化の先には、一人でも多くの選手に日本代表として「世界」を体感してほしいとの想いがある。「代表を支えるチームの一角となり、女子サッカーを盛り上げたい。開幕を楽しみにしてください」。その言葉に、期待はふくらむ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

野村 邦丸さん

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている

野村 邦丸さん

中央区在住 62歳

8月29日号

中村 好孝さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

中村 好孝さん

南区相模大野在住 48歳

8月22日号

宮崎 華奈さん

女子ビーチサッカーチーム「東京レキオスレディースBS」で全国大会を目指す

宮崎 華奈さん

中央区田名在住 28歳

8月15日号

松井 克之さん

一般社団法人 神奈川県歯科医師会の新たな会長となった

松井 克之さん

南区新磯野在住 64歳

7月25日号

横谷 晴義さん

第51回全国公募ローマン展で東京都知事賞を受賞した

横谷 晴義さん

町屋在住 70歳

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク