さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した 野田 朱美さん 東京都狛江市在住 49歳

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

サッカー人生の集大成を

 ○…「目標は日本一。これまで学んだことを全て出して、自分の集大成としたいですね」。昨季まで7年間指揮を執り、チームをなでしこリーグ1部3位まで導いた菅野将晃氏の後任として、今季からノジマの監督に就任した。選手、指導者としてだけでなく、協会理事として女子サッカーの普及にも携わってきた第一人者は「頂点を狙える環境は整っています」と確かな自信をのぞかせる。

 ○…小学校6年でボールを蹴り始め、中学校からは読売サッカークラブ女子・ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザの下部組織)に入団。そこで頭角を現し、中学3年時には当時最年少で日本代表に選出された。「女性がサッカーなんて、怪我するからやめなさい、と言われる時代でした。サッカーが好きで、競技として社会に認めてほしい一心で戦ってきました」。以降、1996年の引退まで初のワールドカップ、オリンピック出場を果たすなど、女子サッカー界の黎明期(れいめいき)をけん引した。

 ○…幼少期から「とにかくまずはやってみる」行動派。現役引退後、プロゴルファーをめざし渡米するも、奮闘の末に挫折した経験をもつ。「とことんやってみて、駄目だったら諦めることも必要。どれだけ真剣に目標を追ったのかが大事です」。ゴルフは今も趣味として続けている。

 ○…4連覇中の王者、日テレ・ベレーザの牙城を崩すためには、集団の強さを積み上げていく必要があるという。めざすのは「11人全員が攻守において常に連動するサッカー」。チーム強化の先には、一人でも多くの選手に日本代表として「世界」を体感してほしいとの想いがある。「代表を支えるチームの一角となり、女子サッカーを盛り上げたい。開幕を楽しみにしてください」。その言葉に、期待はふくらむ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク