さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

津久井高校 文化祭に地元企業が出展 8社参加 同窓会の初企画 

教育

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 9月29日(日)に行われる津久井高校の文化祭「常磐祭」の中で、教室を使用して地元企業が紹介ブースを設ける試みが初めて行われる。津久井高校同窓会(田尻欽則会長)が企画したもので、関係者は「地元企業の存在を知ってもらう良い機会。企業にとっても生徒にとってもプラスになる」と期待する。

 津久井高校(熊坂和也校長)は、1902年に創立した津久井郡立乙種蚕業学校が前身。48年に県に移管されて現校名となった。現在は全日・定時制の2課程があり、全日制には普通・福祉科の2学科を設置。在学中に介護福祉士の国家試験受験資格を得られる県内唯一の高校としても知られている。

 津久井高校同窓会は、移管後の第一期生が卒業した50年に設立。69年間の歴史の中で、在校生の奨学金や部活動への補助などの支援を積極的に行ってきた。

 そうした中、4年前に津久井高校同窓会が窓口となり、地元企業による在校生のインターンシップの受け入れを開始。今回はさらに発展させ、常磐祭で教室の一部を使用して、地元企業を紹介するブースを設けることを、今春に同校に提案した。熊坂校長も「生徒のためになるなら」と快諾。公益社団法人津久井青年会議所も協賛し、今回の企画が実現した。同同窓会は「こうした取組を行うのは、近隣の高校でも珍しいのでは」と話す。

 出展するのは、(株)TABATA(内装装飾業)、(株)高橋石材店(石材建設業)、(株)高橋林業(林業)、(株)一心工業(建築業)、(株)NTB(卸売り業)、(有)МBオート(自動車業)、(株)佐藤建築(建築業)、武内建築(建築業)の地元8社。訪れた生徒や保護者に対し、各社の担当者が企業説明や就職相談に応じるほか、体験コーナー、記念品の贈呈など、ブースを訪れやすい内容になるよう工夫を凝らす。

 田尻会長は「在校生に地元企業を知ってもらうことで、地元企業は人材確保、企業発展にもつながる。生徒たちにとっても、地元で頑張っている企業を知ることはプラスになる。来年以降も同様の試みを続けていきたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市民向け初の運転体験会

鉄道模型サークル

市民向け初の運転体験会 文化

Nゲージの楽しさを周知

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

元世界王者にTKO勝ち

プロボクサー中谷潤人選手

元世界王者にTKO勝ち スポーツ

タイトルへ 「前哨戦」を圧倒

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

商品化で普及に一役

津久井在来大豆

商品化で普及に一役 経済

商工会女性部が新委員会

10月3日号

同性カップル公的承認へ

相模原市

同性カップル公的承認へ 社会

パートナー制度、意見募集

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク