さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

東海大相模 遠藤成選手 憧れのプロへ夢“成”就 阪神からドラフト指名

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模

 プロ野球ドラフト会議が10月17日に開かれ、東海大相模高校(南区相南)の遠藤成(じょう)選手(3年)が、阪神タイガースから4位で指名を受けた。遠藤選手は「熱烈なファンのいる球団。本拠地の甲子園球場で活躍する姿を見せたい」と早くも意気込んでいる。

 父と兄の影響で、小学生から秋田で野球を始めた遠藤選手。中学時代はリトルシニア全国選抜大会に出場し、高校は故郷から遠く離れた東海大相模に進学した。

 同校でも1年生からベンチ入り。強肩強打の内野手として、また最速145キロを誇る投手として二刀流で活躍。甲子園にも2年春と3年夏の2度出場し、18歳以下日本代表にも選出された。

 ドラフト指名後に開かれた記者会見で遠藤選手は「指名を受けることができ、ここから新しいスタートが始まる。自分の心をしっかり持って頑張っていきたい」と力強く語った。プロ野球選手になることは、幼い頃からの夢。名前の由来どおり見事に夢を成就させた。

 また、「サガミの誇る『アグレッシブベースボール』を、次のステージでも続けていきたい。プロではショート一本で勝負。子どもたちに目標にしてもらえる選手になりたい」と笑顔を見せた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク