さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

平成を対象にした「小倉橋フォトコンテスト」の最優秀賞を受賞した 田村 勝政さん 長竹在住 78歳

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

時代紡ぐ橋「地域の財産」

 ○…「まさか大賞をとれるとは思ってなかったので、嬉しさ以上に驚いている」。コンテストには、昨秋にコスモスと小倉橋を1枚に収めた作品と併せて2点を応募した。結果、大賞に輝いたのは、1998年8月の建設中の新小倉橋を撮影した作品。夕暮れから日が沈み、橋がライトアップされる一番美しい1時間半余りの時間を、カメラを固定して10枚ほど写した中の1枚だ。「小倉橋・新小倉橋はアーチが美しい橋で、地域の財産。日が沈む頃の情景が一番好き」と紹介する。

 ○…カメラを始めたのは中学2年生。生物の教師が植物を写しているのを見て興味を持ち始めた。以来、趣味の一つである登山の傍ら、山を中心にその風景や植物を中心に撮影してきたが、定年後は地元津久井の風景も数多く撮影する。「津久井湖や宮ヶ瀬湖などが特に好き。津久井には素晴らしい風景があり、四季によっても違う顔を見せるので飽きない」

 ○…「太り過ぎたので何とかしなければ」と45歳から始めたランニングは、今でも年に2〜3回はフルマラソンに出場する。60歳前後が一番調子が良く、最高タイムは62歳の時に出した3時間26分。現在も週に3〜4回、10〜20Kmはトレーニングで走っている。「走っていると、写真に撮りたい風景、瞬間に良く出くわす。津久井は走るのにも最高の環境」

 ○…津久井には40年前、八王子から転居してきた。現在も、現役として中野にある福祉施設ほのぼのサービスセンターでドライバーとして働く。高校2年生から小学4年生まで女4人の孫が近所に住む。「大きくなっても、孫はたまに遊びに来てくれる。子どもは2人とも男の子だったので、女の子は本当に可愛い」と目じりをさげて優しい笑顔を見せた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

12月12日号

野呂 正人さん

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する

野呂 正人さん

青野原在住 65歳

12月5日号

伊藤 勉さん

城山地区「お出かけの“わ”委員会」の委員長として地域福祉に努める

伊藤 勉さん

川尻在住 71歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

千木良在住 71歳

11月21日号

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

相模原市邦舞三曲連盟の会長に就任した

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

南区若松在住 71歳

11月14日号

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

藤野が誇る児童文学者として吉野宿ふじやで企画展が開催されている

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

名倉在住 78歳

11月7日号

岡川 智行さん

東京五輪に向け、ネパールオリンピック委員会から選手のトレーナーを依頼された

岡川 智行さん

東橋本在住 39歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク