さがみはら緑区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している 高城 昌孝さん 橋本在住 46歳

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena

「街を知って、好きになって」

 ○…「リニアでどれほどの人が橋本で降りるのだろう」。巨大経済圏の形成を期待させる高速交通網は一方で橋本からの人口流出をもたらす恐れもある。「街に魅力がなければ降りてもらえない。ならば橋本の魅力って?」。生まれ育った街の魅力を一から探ろうと、本業の映像編集の傍ら一人手弁当でフリーマガジンの製作を始めた。「最初はA4の紙ペラ。それを3店舗に10部ずつ置かせてもらった」。気づけば2月で5年。今では「紙ペラ」が冊子になり、2千部を発行する。

 ○…人、街、季節。幾多の「めぐる」を重ね合わせ『めぐり報』と名付けた。合言葉は「橋本を知ってみましょ」。「住んでいても知らないことがたくさんあるはず。街を知れば好きになり好きになればもっと知りたくなる。その循環で、街をより好きになってほしい」。最もこだわるのは人に光を当てること。「人の心意気から橋本を知ってほしい」と笑う。

 ○…活動を続けることで応援者も増えた。地域貢献の思いに共感し、昨夏から発行を手伝う20余名の主婦らのボランティア「めぐり組」の存在も今や欠かせない。「自分がしてきたことは間違いじゃなかった」と少しはにかみ、「応援してくれている人を裏切るわけにはいかない。今後も続けていく」ときっぱり。

 ○…幼い頃、神輿や出店に湧く橋本神明大神宮・八坂神社例大祭に目を輝かせた。「あのわくわくを今の子たちにも味わってほしい。そういうものがあり初めて橋本は楽しかったなと思ってもらえる。大人になって帰ってこられる場所を子どもに残したい」。無理に新しい催しを生まなくても生活の中に人が集う要素はある。心に沁みついているものを生かせば街の魅力になる。それが見つけた答えの一つだ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

原 和彦さん

相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月14日号

小泉 香央里さん

東京シティ・バレエ団に所属し、バレエダンサーとして活躍が期待される

小泉 香央里さん

橋本台在住 21歳

5月8日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

津久井湖城山公園からのお知らせ

新型コロナウイルスまん延防止に伴い、「津久井城まつり」は中止になりました

http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukuikoshiroyama/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク