さがみはら緑区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した 磯貝 サイモンさん 相模原市出身 37歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

希望を音楽に込めて

 ○…「曲を聴いてくれた人が、少しでも明るい未来をもう一度描けるきっかけになれたら」。コロナ禍という今までにない状況の中で、市民に希望をもたらすという重責になかなかテーマが定まらず、久しぶりに故郷へ足を運ぶと、この重苦しい世相をものともせずに飛び回る鳥たちの姿が新鮮に目に映った。そこから曲のテーマには相模原市の鳥である「ひばり」を選び、アコースティックギターの爽やかなメロディーにポジティブな歌詞を乗せた。

 ○…音楽好きな両親の影響で、4歳から鍵盤を弾いた。中学に上がるとロックとギターにはまり、相模原高校に進学すると更に没頭。この頃から作曲に目覚め、文化祭では大好きな「ゆず」のコピーと共に、オリジナル曲もステージで熱演した。「自作のCDを文化祭で勝手に販売して、こっぴどく怒られたこともあります」とからからと笑う。「でもいい学生時代でした」

 ○…昨年はコロナ禍で音楽業界も大きな影響を受け、仕事が入らなくなった。ただ落ち込むだけではなく、「こんな状況でも自分にできることを」と、ファンへ向けて配信ライブを行った。その数、4月から約170本。画面を通じて、音楽を伝え続けた。「元気をもらった」という声に、自身も勇気をもらい、「音楽の力を感じた」と笑顔を浮かべる。

 ○…「この曲がコロナ禍で苦しい思いをしている人以外にも、生き方を迷ったり、人生探しをしている人にも届けばいいな」。その言葉通り、明るい未来を想起させ、聴く人を元気づける歌詞がつづられる。「相模原に誇りを持って、愛してほしい」と思いを馳せる。自分の音楽が相模原への愛着の一助となることを願いながら、希望を届けるために歌い続ける。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

中澤 吉裕さん

日本車いすテニスJAPANナショナルチーム監督として、(公財)日本障がい者スポーツ協会功労章を受賞した

中澤 吉裕さん

南区相南在住 50歳

5月7日号

小池 芳実さん

29日から行われる「和田自治会 鯉のぼり谷渡し」の実行委員会会長を務める

小池 芳実さん

佐野川在住 72歳

4月29日号

篠崎 修さん

「相模原の子どもと教育を考える会」の代表で、少人数制学級の早期実現を訴える

篠崎 修さん

橋本出身 72歳

4月22日号

田中 浩さん

4月に統合した「消費生活総合センター」の所長を務める

田中 浩さん

橋本在勤 59歳

4月15日号

石原 朗さん

4月1日付で緑区長に就任した

石原 朗さん

八王子市在住 57歳

4月8日号

樋口 一美さん

相模原市立公文書館の3代目の館長として活躍する

樋口 一美さん

原宿在住 61歳

4月1日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter