八王子版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

高月病院陸上部 医療機関1位をめざす 夢駅伝 アンカーは院長

スポーツ

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena

走ってPR

 宮下町にある高月病院の陸上競技部は2月に出場する八王子夢街道駅伝にむけ、練習のペースをあげている。

 同部は5年ほど前、「病院のPRになれば」と看護師の小谷野元久さんが中心となり創設された。小谷野さんが院内で「スカウト」し5、6人を集めスタートした。

 部員は医師や薬剤師など病院関係者のみ。現在20人いる部員のうち、陸上経験者は3人。練習は施設周辺の坂道や富士森公園(台町)などで、週1回は合同で行うようにしている。

 年6回ほどチームとして近郊の大会に出場。その中で最も力を入れるのが夢街道駅伝だ。「医療機関のチームの中で1位をめざしたい」と小谷野さんは力を込める。過去の最高位は2015年の216チーム中48位。今年は4チームが出場する。

 なお創部の際、病院側がとても協力的だったそうで、小谷野さんは「院長に恩返しをしたい。走り続けることで病院のPRにつながれば」と思いを話す。「いずれは小学校でランニング教室を開いたり、目の見えない人の伴走ができれば」と地域貢献も視野に入れている。

最年長「タスキつないで」

 「絆が生まれる。駅伝は盛り上がる」。そう話すのは、創設時のメンバーの1人で、チーム最年長(1944年生まれ)、夢街道駅伝では例年アンカーを務める院長の長瀬輝諠さんだ。長瀬さんは20代の頃から健康維持のためジョギングを続けており、現在は毎日6、7キロメートルを40〜50分かけて走っている。「(自分が走れるよう)タスキをつないでもらいたい」とメンバーにメッセージをおくった。

八王子版のローカルニュース最新6

八王子市 ひとり親世帯に臨時特別給付金

3つのKANを

実質4708円で取付

後付け誤発進防止装置

実質4708円で取付 社会

小林自工 8月末まで

7月9日号

両親から「空襲」伝え聞き

人物風土記関連

両親から「空襲」伝え聞き 文化

前野さん 小説として出版

7月9日号

あの黄色い犬は?

あの黄色い犬は? 社会

堀之内駅前に

7月9日号

教育支援のために

教育支援のために 社会

マスクと漂白剤を寄贈

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク