八王子版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

高月病院陸上部 医療機関1位をめざす 夢駅伝 アンカーは院長

スポーツ

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena

走ってPR

 宮下町にある高月病院の陸上競技部は2月に出場する八王子夢街道駅伝にむけ、練習のペースをあげている。

 同部は5年ほど前、「病院のPRになれば」と看護師の小谷野元久さんが中心となり創設された。小谷野さんが院内で「スカウト」し5、6人を集めスタートした。

 部員は医師や薬剤師など病院関係者のみ。現在20人いる部員のうち、陸上経験者は3人。練習は施設周辺の坂道や富士森公園(台町)などで、週1回は合同で行うようにしている。

 年6回ほどチームとして近郊の大会に出場。その中で最も力を入れるのが夢街道駅伝だ。「医療機関のチームの中で1位をめざしたい」と小谷野さんは力を込める。過去の最高位は2015年の216チーム中48位。今年は4チームが出場する。

 なお創部の際、病院側がとても協力的だったそうで、小谷野さんは「院長に恩返しをしたい。走り続けることで病院のPRにつながれば」と思いを話す。「いずれは小学校でランニング教室を開いたり、目の見えない人の伴走ができれば」と地域貢献も視野に入れている。

最年長「タスキつないで」

 「絆が生まれる。駅伝は盛り上がる」。そう話すのは、創設時のメンバーの1人で、チーム最年長(1944年生まれ)、夢街道駅伝では例年アンカーを務める院長の長瀬輝諠さんだ。長瀬さんは20代の頃から健康維持のためジョギングを続けており、現在は毎日6、7キロメートルを40〜50分かけて走っている。「(自分が走れるよう)タスキをつないでもらいたい」とメンバーにメッセージをおくった。

八王子版のローカルニュース最新6

中町に新たなビル

中町に新たなビル 文化

黒塀に花を添える外観

3月4日号

「神様が来た」

掛け軸持つ清水さん

「神様が来た」 経済

3月4日号

初の八王子試合

WEBで開催中

人物風土記関連

WEBで開催中 文化

消費生活フェス

3月4日号

しいたけ栽培32人が参加

上川地区

しいたけ栽培32人が参加 社会

3月4日号

あいたくなる「人」がいる

あいたくなる「人」がいる 経済

アイテレコム株式会社

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク