八王子版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

(PR)

100年続く店づくり 大和田町・とうふ屋うかい

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 100年続く店づくり――。(株)うかいの店舗理念だ。八王子をはじめ銀座、表参道などで高級料理店を手掛ける同社は1964年、南浅川町に「うかい鳥山」を開店させたのがその始まり。今回は大和田町の「とうふ屋うかい」片山晋吾店長=写真=に「店づくり」への思いなどを聞いた。

 同店は1993年開店で、「銘水」と言われる大和田の水で作ったとうふ料理が名物。家族連れによる食事、接待や女子会などの機会に、地元の人から多く利用されている。

 「100年続く店」のために片山さんは「変えていくもの、変えないものがあります」と説明する。

 例えば、24年前の開店当時、各部屋に用意されていたのは、ちゃぶ台と座布団。今はテーブルとイスになっている。また、料理も「進化」がある。最初は「とうふ尽くしのコース」だったが、今は旬の食材を取り入れるのはもちろん、器や花等でも季節感をあらわすようにしている。

変えるもの、変えないもの

 時代のニーズにあわせ、そのような「変化」を重ねていく。「小さな変化は毎日あります」

 一方、「変えないもの」について片山さんは「おもてなしの心」と話す。

 「時代に流されることなく常に『本物』をお届けする。お客様に心から幸せを味わっていただける『空間』を提供していきます」。料理や空間の素晴らしさは、「おもてなし」があって初めて伝わるもの。「お客様にはここで『物語』を描いてもらいたい。その物語が親から子へ、子から孫へ。代々にわたって末永くご愛顧される店でありたいです」

うかいで「ゆかた祭り」7月20日から

 江戸情緒あふれる「とうふ屋うかい大和田店」で7月20日(木)から8月31日(木)まで、恒例の「ゆかた祭り」が開催される。

 期間中は、じゅんさいと自家製とうふを冷たい昆布の出汁で味わう「二ツ井とうふ」を楽しめる、「ゆかた祭りコース」(6480円)=写真=を用意する。

 また、平日昼・女性限定で「手ぶらでゆかた+昼膳プラン」(5000円)を設ける。昼膳に浴衣の貸し出し・着付け指導・庭園での写真撮影がつく。要予約。1日20人のみ。*いずれも税込、別途サービス料10%

とうふ屋うかい 大和田店

八王子市大和田町2-18-10

TEL:042-656-1028

http://www.ukai.co.jp/oowada/

八王子版のピックアップ(PR)最新6

1日1時間入浴でどう変わるか

参加者募集

1日1時間入浴でどう変わるか

「難しい不調、悩みほど歓迎」

10月22日号

机に本が積んである人へ 速読の勧め

机に本が積んである人へ 速読の勧め

あの平野さんがインストラクター

10月15日号

オープンキャンパス2020

星槎国際高等学校 八王子学習センター 八王子市

オープンキャンパス2020

10月1日号

プロ資材をオトクにゲット

プロ資材をオトクにゲット

県内企業の新アプリが話題

10月1日号

最短2時間ケーキお届け

脚のむくみ「専門的な治療を」

下肢静脈瘤

脚のむくみ「専門的な治療を」

美容師、教員など立ち仕事のニーズに対応

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク