八王子版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

6千及ばす、でも過去最高 トレインズ 観客動員数

スポーツ

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 バスケットのB3リーグを戦う東京八王子トレインズが2試合で観客6千人の動員を目指した、今年最初のホーム(エスフォルタアリーナ八王子)ゲームとなる「アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城」戦が13・14日、行われた。

 試合は初日、同リーグで首位を走るトレインズが82対59と「横綱相撲」の試合展開でアレイオンズ安城を圧倒したものの、翌日は最終ピリオドで盛り返しながらも一歩及ばす、71対73の僅差でトレインズが敗北。ホームで白星を積み重ねることができなかった。

2日間で3292人

 では観客数は――。13日が1537人、14日は1755人の計3292人に終わった。「抽選会や映画上演などの催しを実施し、集客を図ったが及ばす残念。ただ、1試合700人弱だった今年に入ってからの平均観客数が倍以上になったことは、クラブとして自信になった」とトレインズの広報担当は話し、ファンやスポンサーが知り合いを誘い盛上げてくれたことがその要因のひとつになったと感謝の気持ちを口にする。

 同チームのスポンサーを務める、市内で不動産業にあたるエスエストラストの杉本浩司社長は「初めて生で試合を見た。迫力満点。これからも応援していきたい」と興奮気味に試合の感想を漏らしていた。

2部昇格視野

 同クラブが観客数増にこだわるのは、2部昇格を視野に入れていることも理由のひとつ。このまま首位で走り抜けることができれば、5月には2部昇格をかけた入れ替え戦を迎える。仮に勝利したとしても、Bリーグの規定にある、2部チームに課せられた1試合当たりの平均観客動員数(千人以上)をクリアできなければ、その足かせになる可能性があるのだ。「そのためには、今から1試合当たり千人以上の来場をキープしたい」と先の広報担当者は意気込んでいる。
 

八王子版のローカルニュース最新6

(金)(土)に公式戦

100年企業に必要な力

100年企業に必要な力 経済

学ぶビジネスサロン開設

1月20日号

スマホ体験会

「意識高く活動」

消防団

「意識高く活動」 社会

団長 出初式で

1月20日号

10日間で1万3千人超

七福神めぐり

10日間で1万3千人超 文化

1月20日号

澤井さんが黄綬褒章

人物風土記関連記事

澤井さんが黄綬褒章 文化

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook