八王子版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

自治研 公文書を考える 20日にシンポジウム 入場無料

政治

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

「編さん」で膨大な資料

 八王子自治研究センター(元本郷町/藤岡一昭理事長=写真)は10月20日(土)、八王子労政会館(明神町)で「公文書館(機能)、公文書管理条例を考えるシンポジウム」を開催する。入場無料。

 「公文書は市民の宝。宝を次世代へ」。元市役所職員の藤岡さんは訴える。

 同センターも協力した市制100周年・八王子市史編さん事業は昨年3月に終了(31冊を発行)。10年間の編さん事業で13万点以上の資料や1万8000点を超える旧役場文書などが寄贈・借用された。「それらは今後、どう保存・管理・公開されるのでしょうか?歴史資料は日々生み出され、行政文書などは市民の財産として、適切に扱われなければなりません」。当日はこの事業の成果と課題、公文書の管理・公開について考える。

「条例制定を」

 基調講演は八王子市史編集委員会のメンバーだった新井勝紘氏(元専修大学教授)が担当。パネルディスカッションには八王子市副市長の木内基容子(きよこ)氏も参加する。

 公文書の管理について現状、八王子市に規程はあるが条例はない。藤岡さんは「市の公文書を市民の財産と考え条例の制定を真剣に検討すべき」と話す。藤岡さんによると全国の自治体で条例があるのは20ほどだそう。(問)同センター【電話】042・626・7714

八王子版のローカルニュース最新6

山梨選手に聞く

教育無償化、影響は?

教育無償化、影響は? 教育

八王子実践・矢野理事長に聞く

10月17日号

更年期の過ごし方

女性限定 講演会

更年期の過ごし方 社会

10月17日号

戸吹でクリーンフェスタ

20日 工場見学も

戸吹でクリーンフェスタ 社会

合計30団体 ブースとステージ

10月17日号

「感謝の言葉」原動力に奮闘中

「感謝の言葉」原動力に奮闘中 社会

八王子交通 横瀬さん

10月17日号

19日(土)、さんま祭り

19日(土)、さんま祭り 社会

北野町の市場 台風受け今週に

10月17日号

「格好いい終い方」

無料・終活セミナー

「格好いい終い方」 社会

11月1日東急スクエア

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク