八王子版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • はてぶ

南口に新しい風を 八王子オーパ会  來間会長

社会

 11月22日にプレオープンを迎える商業施設「八王子オーパ」のテナントによる研修や親睦の場である「八王子オーパ会」。その会長に選出されたアポロホールディング(株)代表取締役の來間克己さんに話を聞いた。

魅力ある40店舗

 「約40の魅力ある店舗がそろう。身近な用品の買い物ができるなど、生活に密着した店が多い。八王子初出店のお店も28店舗ある。日常の中で楽しんだり、癒されたりといった中で、これまでにない新しいライフスタイルが提案できるはず」と來間会長はオーパのテナントに期待を寄せる。そして、オーパ開業は「八王子駅南口に新しい風を吹かせる起爆剤になりえる」とも。

若者に夢と希望

 「八王子の歴史・文化を栄えさせたのは人と人とのつながり。ただ商売をするのではなく、思いやりや創造性が発揮される街として発展してきた。南口は『これからの街』。だからこそ発展の余地がある」という。その中で目指すべきは「若者が根を下ろす街。若者が夢と希望を持てる街」だという。南口は魅力的な個人店も多数あり、市による医療刑務所の跡地利用計画もある。「できれば若者向けにアリーナなどができれば」と來間会長。多くの人が訪れるだけの要素があふれている。

将来の玄関口に

 「高尾山に匹敵するような活気のある街に」。南口を市外から人が集まるような場所にしたい。オーパ開業は、そんな壮大な夢への一合目ともいえる。南口が「八王子の将来の玄関口」となる未来へ向けて、挑戦は始まったばかりだ。
 

八王子版のローカルニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク