八王子版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

産婦人科医柴田さん 「戦争は人を人でなくす」

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena

満州 妹との別れ

 横川町にある柴田産婦人科医院の産婦人科医、柴田穣一理事長=写真=は11歳のとき、満州で終戦を迎えた。父親がエンジニアとして派遣されており彼の地で、家族で過ごしていた。

 一戸建ての「洒落た家」で暮らしていた。だが、戦争の終わりが告げられると事態は一転。柴田さんによると「何百人もの中国人が日本人居住区に押し寄せ、強奪を繰り返した。命だけは助かりたいと思った」そう。

 また、「ようやく日本への引き揚げとなったがその道程は壮絶だった」と振り返る。屋根のない貨車に詰め込まれ、日差しと風雨にさらされながら港へ向かった。その過酷な移動は1ヶ月に及んだそう。その中で多くの子どもが栄養失調からくる衰弱で「犠牲」になった。3歳だった柴田さんの妹もその一人。父は停車した駅の近くで穴を掘り埋葬した。「戦争は人を人でなくしてしまう」──。柴田さんはその光景を忘れられない。

今も現役「命やりがい」

 1973年(昭和48)、柴田さんは40歳で医院を開設した。子どもの頃、船で日本と満州を行き来していた経験から「船乗りになる」という夢があったが、高校の担任の勧めで医師の道へ、また大学の恩師の勧めで産婦人科医の道を歩むことになった。

 柴田さんは今月、87歳になる。今も現役医師として活躍する。「元気な赤ちゃんを見るのが何よりのやりがい。疲れも吹き飛びます」。一方、今も軍歌を思い出すことがあるそう。特攻隊になる者もいた海軍飛行予科練習生(予科練)の歌だ。「命を大切にしないといけない。(彼らのことを考えると)涙が出るね」

左から幼い頃の柴田さん、母、弟=柴田さん著「シップドクター航海記」より
左から幼い頃の柴田さん、母、弟=柴田さん著「シップドクター航海記」より

八王子版のローカルニュース最新6

中町に新たなビル

中町に新たなビル 文化

黒塀に花を添える外観

3月4日号

「神様が来た」

掛け軸持つ清水さん

「神様が来た」 経済

3月4日号

初の八王子試合

WEBで開催中

人物風土記関連

WEBで開催中 文化

消費生活フェス

3月4日号

しいたけ栽培32人が参加

上川地区

しいたけ栽培32人が参加 社会

3月4日号

あいたくなる「人」がいる

あいたくなる「人」がいる 経済

アイテレコム株式会社

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク