八王子版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

(PR)

下肢静脈瘤 脚のむくみ「専門的な治療を」 美容師、教員など立ち仕事のニーズに対応

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 「下肢静脈瘤」は脚のむくみに隠れる疾患で、日本人の約1割が潜在患者ともいわれる。相模原市の『かぬまだいけやきクリニック』では、この下肢静脈瘤の早期発見・治療に努めている。

 「下肢に静脈が青い筋となって浮き出る、足がむくむ、だるいなどの症状が現れたら疾患のサイン」と話すのは古屋秀和医師。「放置すると血管がコブ(瘤)のように膨らみ皮膚病変などさまざまな症状を起こします」

 同院では、先進的高周波治療装置(ラジオ波)による血管内焼灼術やストリッピング術、硬化療法など、さまざまな日帰り手術に保険診療で対応。診療日を週3日設け、美容師など立ち仕事の人の要望にも応える。古屋医師は、「困ったら一度受診にお越しください」と話している。

 診療日時は毎週金曜日の午前、土曜日の午前・午後、第1・3・5火曜日の午後。予約優先。

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

八王子版のピックアップ(PR)最新6

SDGs導入を支援

企業の魅力を引き出す

SDGs導入を支援

SDGusサポーターズ(株)

6月17日号

いのちの水をつなぐ

重要なライフラインへの誇り

いのちの水をつなぐ

(株)スイセイ

6月17日号

事業を通じて貢献

足場工事・不動産業

事業を通じて貢献

(株)立花工業

6月17日号

筋肉のアンバランスに注目

筋肉のアンバランスに注目

慢性的なコリ、疲れの要因に

6月17日号

廃車ちょっと待って

廃車ちょっと待って

どんな車も2万円〜買取

6月17日号

福祉で社会づくり

清心福祉会

福祉で社会づくり

「みんなが活躍」

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter