八王子版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】野良猫の保護について考える 「街のどこかに必ず」 地域で活動する人の声

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
保護している猫たちと野下さん
保護している猫たちと野下さん

 猫は繁殖力が強く、環境省によると計算上1匹の雌猫が、3年後には2000匹以上になるともいう。餌やりによって繁殖が促され、多くの子猫が産まれても無事に育つ数は少ない。さいたま市によると年間3000匹前後の野良猫とみられる遺体を回収しており、その多くは子猫だという。

 「この街にも、5年前は10匹以上の野良猫がいましたが、今は2匹です」。そう話すのは野下由希子さん。「八王子わん♡にゃんクラブ(元八王子町)」として、野良猫を保護して避妊手術をして、もと居た場所に戻す活動を行っている。同様の活動をしている団体は市内に4つあり、その中の1つだ。

 「猫はかわいいですよね。飼っていなくても餌をあげている人は多いと思います」と野下さんは餌やりに理解を示しつつも「餌やりは避妊手術とセットで」とも訴える。「野良猫は糞尿の被害がある。雄は発情期に臭いの強いおしっこをする。地域の問題でもあり、ご近所トラブルになります」。町会の協力もあり「最初の1〜2年は大変だったが、本腰を入れると3年くらいで目途が立った」と話す。今はほかの地域の保護活動にも協力している。

 東京都は殺処分ゼロを目標に掲げており、保健所は野良猫を基本的には行えないと野下さん。野良猫問題は地域で解決する必要のある問題だという。昨年、市内の別の地域で野良猫の子どもを保護したところ。地域で母猫の情報提供を呼び掛ける中、地域猫の活動について説明したところ、同地でも地域猫の活動がスタートすることになったという。「地域猫活動の輪を広め、人にも猫にも

もやさしい街づくりにご協力を」と野下さんは話す。
 

八王子版のローカルニュース最新6

利用は2月28日まで

【Web限定記事】プレミアム付商品券

利用は2月28日まで 社会

八王子市 期限内の使用を呼びかけ

2月25日号

雛人形100体

雛人形100体 文化

料亭で展示

2月25日号

活動 地域に貢献

商工会議所青年部

活動 地域に貢献 経済

山本委員長に聞く

2月25日号

格上と対決

格上と対決 スポーツ

中屋ジムの佐々木選手

2月25日号

フードコートで生演奏

人物風土記関連記事

フードコートで生演奏 文化

2月25日号

ビジネスゲームで交流会

八王子JC3月11日 参加無料

ビジネスゲームで交流会 経済

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

お問い合わせ

外部リンク