八王子版 掲載号:2022年6月2日号 エリアトップへ

市内団体はちねこ 保護猫カフェ 夏開店へ 寄付募り、目標575万円

社会

掲載号:2022年6月2日号

  • LINE
  • hatena
▲内装工事が進む猫カフェ店内。(右から)メンバーの大和田舞さん、小林さん、佐々木与志美さん
▲内装工事が進む猫カフェ店内。(右から)メンバーの大和田舞さん、小林さん、佐々木与志美さん

 八王子市で保護猫活動を行う団体「はちねこ」が、千人町で保護猫カフェの開店を準備中。インターネットで寄付を募るクラウドファンディングを始めた。目標額は575万円としている。

 8月の本格オープンを目指し、内装の工事を進める同団体。年間で300頭以上を保護しており、メンバーの自宅で預かってその後、譲渡先を探している。その中には障害や高齢で譲渡が難しい猫も少なくないという。

 保護猫カフェは猫たちの居場所であり、譲渡先を見つける場所でもある。一般的な猫カフェのように、時間制で猫とふれあう機会も提供する。

 すでに高尾駅の近くに譲渡会場はあるが、そこは曜日限定の予約制。「猫も場所慣れしないと本領を発揮できない。ここで場慣れして、里親との出会いを待つ場所にしたい」と代表の小林結花さん。

 コロナ禍で企業からの資金支援が受けにくいことや、材料費の高騰など課題を抱えていた同団体。クラウドファンディングで集めた資金は、内装費や餌代、家賃などに充てる。詳細はクラウドファンディングのサイト「キャンプファイヤー」の「はちねこ 保護猫カフェオープンにご協力をお願いいたします」のページに掲載中。期限は7月24日まで。

▲プロジェクトの内容はこちら
▲プロジェクトの内容はこちら

八王子版のローカルニュース最新6

実技・接客大会で準優勝

独楽寿司めじろ台店

実技・接客大会で準優勝 社会

佐藤店長が最年少記録

6月30日号

「ご愛顧」に感謝

「ご愛顧」に感謝 社会

町田市社協へ寄付

6月30日号

来季へ「八王子」結束

バスケB3ビートレインズ

来季へ「八王子」結束 スポーツ

選手・社長ら 石森市長と談話

6月30日号

東京初上陸の洋菓子

東京初上陸の洋菓子 社会

乙女ヤ アミアンで催し

6月30日号

あそんで考える環境

あそんで考える環境 文化

7月24日 北野町で

6月30日号

選手の横顔

八王子で働くNossAの選手を紹介‒Vol.3‒ (株)リースキン西東京 木村太一選手

選手の横顔 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook