神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

「踊る猫」の昔話 中野山王の喜福寺

社会

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
喜福寺で見かけた猫
喜福寺で見かけた猫

 中野山王にある喜福寺(村岡隆融住職)は、630年前の室町時代に開山した歴史ある寺。ここには江戸時代から伝わる、猫にまつわる伝説が残されている。

♢ ♢ ♢

 所用で江戸に出かけていた住職が帰途、夕暮れ時に野原を通りかかると「キフクジがコナイ、キフクジがコナイ」という声が聞こえた。不審に思い声の辺りを覗いてみると、数十匹もの猫が集まっていた。そこへ寺で飼っている猫が現れて人の言葉でしゃべり出し、手ぬぐいで頬かぶりをして他の猫と輪になって踊り始めた。住職は驚いたが、その場は黙ってそっと寺へ帰った。

 翌朝、住職は飼い猫に「化け猫を寺に置いておくわけにはいかない」と伝えると、猫は「それではお別れに三日三晩だけ裏山で踊らせてください」と願った。その晩から数千の猫が裏山に集まり踊ったが、3日後にはかき消すようにいなくなったという。

 近在の村では手ぬぐいがなくなると「また喜福寺の猫たちが持っていったな」と言うのだそうな。(喜福寺小史『猫の伝説』より抜粋)

♢ ♢ ♢

 現在の喜福寺に猫伝説にまつわるものは残されていないが、たまに昔話を知った人が訪ねて来ることはあるという。また6年ほど前、老朽化した古い本堂を取り壊そうとした際、住み着いていた17匹の猫が床下から飛び出して来たことがあった。前住職の妻の村岡明子さんは「猫は中国から仏教が伝わって来た際、経典をネズミから守るために連れて来られたという説もあるので、お寺との縁を感じる」と語る。

八王子版のローカルニュース最新6

モチーフはアフリカの花

モチーフはアフリカの花

やまのべゆいこさん個展

4月15日

八王子古本まつり

八王子古本まつり

 5月2日から、ユーロードで

4月12日

相続・遺言の無料相談会

相続・遺言の無料相談会

地元専門家が個別対応

4月11日

柳家喬太郎が出演

落語情報

柳家喬太郎が出演

4月20日「秦野寄席」

4月11日

新緑の城跡に集まれ

新緑の城跡に集まれ

第3回 元八マルシェ

4月11日

リンゴ酒に親しむ祭典

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook