多摩版 掲載号:2015年8月6日号 エリアトップへ

市民有志 「命守る」ヘルメット着用を 自転車運転、シールで啓発

社会

掲載号:2015年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 自転車の運転時に、ヘルメットの着用を呼びかける「TAMA CITY RIDERS運動」が現在、多摩市内で広がりをみせている。オリジナルのシールをヘルメットに貼付し、着用している子どもを周りの人たちが褒める―。この取り組みは、今年4月、関戸で産婦人科を営む赤枝朋嘉さん(44)が発起人となって始まった。「小さな取り組みですが、市内から東京、全国に広がっていければ」と呼びかける。

 連光寺、新大栗橋交差点で昨年、今年と立て続けに、自転車に乗っていた2人の小学生が車との事故で命を落とす痛ましい事故が発生した。赤枝さんは身近で起きた事故、かつ自身が命に携わる仕事をしていることもあり「ここで生活している我々が大切な命を守るために何かできないか」という思いに駆られたという。

 「ヘルメットを着用していると事故時の被害は軽減できる」と警察から聞いた赤枝さん。趣味でトライアスロンに取り組んでいることもあって、ヘルメットの大事さを認識していた。「ヘルメットを被ることはダサイと思われてしまうのでは」。そこで考えたのがシールだった。「トライアスロンではヘルメットはお洒落の一部。シールを貼ったヘルメットを被って自転車に乗ることがカッコいいと思ってもらえれば」。知人にデザインを考案してもらい、地元商店等に協力を呼びかけ、募金箱を設置してもらうなどして2種類のシールを約1000枚制作した。

 出来上がったシールは多摩第一小学校で全児童に配った他、現在、地元の協力店舗でも配布している。同校の棚橋乾校長は「今では児童の8割がヘルメットを持っている。そのほとんどの子どもがシールを貼っている」とその効果を話す。

 運動はシールの配布、貼付だけではない。「子どもは褒められると嬉しい。シールを貼ったヘルメットを被っている子どもがいたらぜひ褒めてあげてほしい」と赤枝さんは大人たちにも協力を呼びかける。

市教委有志で寄付

 この運動を知った市教育委員会は職員有志で寄付を募り、清水哲也教育長が7月14日に赤枝医院を訪問。寄付金6万2千円を赤枝さんに手渡した。

 赤枝さんは「運動が浸透していくには10年、20年かかるかもしれないが、ヘルメット着用が当たり前になるように継続していきたい。多摩の未来を担う子どもたちの命を守り、子どもたちが親になったときに次の世代に引き継いでもらえれば」と話す。今後、運動を広げていくために自転車販売店、商店、施設等に協力を呼びかけ、シールの配布、シールをのぼりやポスター等にして街中に掲示することを検討しているという。「市内から、東京、全国へと広がっていければ」と意欲をみせた。

 募金箱設置店、シール配布店等はフェイスブック「TAMA CITY RIDERS」で確認を。

多摩版のトップニュース最新6

電子図書など新導入

市立図書館

電子図書など新導入 教育

コロナ禍でも利用促進へ

1月21日号

交通・生活 スマホで快適に

京王電鉄

交通・生活 スマホで快適に 社会

MaaSの実証実験開始

1月21日号

独自「つまみ細工」で世界に

関戸在住森田満里奈さん

独自「つまみ細工」で世界に 文化

京王ギャラリーで展示会

1月7日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

小池都知事インタビュー

1月7日号

多摩から全国の歌姫に

佐久間彩加さん

多摩から全国の歌姫に 文化

「カラオケバトル」GP制覇

1月1日号

地域共生社会への一歩を

新春インタビュー

地域共生社会への一歩を 政治

阿部市長、抱負を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク