多摩版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

市民団体 「キワニスドールを知って」 入院中の子らへ安らぎを

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
人形を手にする長谷代表
人形を手にする長谷代表

 目や鼻、口がなく、白い木綿生地に綿が詰められただけの人形「キワニスドール」。医療現場で使われているこの人形を制作する活動が9月17日、多摩市総合福祉センター(南野)で行われた。主催は市民団体「小さな天使」(落合、長谷有里子代表)。多摩地域でこの人形を作っている団体は珍しいという。

 身長約40cm、体重約50gの大きさの「キワニスドール」は、医療現場で主に子どもたちが医師から病状や手術の説明を受けたり、注射を受ける際に使われている。入院中に手元に置いたり、絵を描いて安らぎを得られるアイテムとしても注目され、全国の病院で広がりを見せている。

 「小さな天使」は、新聞の記事でキワニスドールの存在を知った長谷代表が「子どもたちのために少しでも協力できれば」と5年前に発足。以後、定期的に集まり、ボランティアで人形を制作する他、人形の存在を知ってもらおうと市内の学校や、公民館で講座を開くなど普及にも力を入れている。

 この日も、市内だけでなく稲城や町田から集まったメンバー11人が、和やかな雰囲気の中で会話を楽しみながら、事前に縫ってあった人形型の生地に一つひとつ丁寧に綿を詰めて制作。出来上がった人形は、キワニスドールの普及活動を行っている東京キワニスクラブで検針等された後、全国の病院へ届けられるという。

 会の活動に賛同し、2年前から参加している山口あきえさん、鈴木はるみさん、新井美子さん、渋谷とみえさんは「子どもたちが手にしてくれると嬉しい。月に一度みんなで集まって作ることも楽しい」と話す。「病院で子どもたちが使うものだからとにかく丁寧に作っています。この人形のことを知らない人も多いので、もっと多くの人に知ってもらい、今後活動場所を増やしていきたい。ぜひ興味がある方は参加していただければ」と長谷代表は話している。

 詳細は長谷代表【携帯電話】090・4843・1692へ。

多摩版のトップニュース最新6

ハードルで全国大会へ

落合中学校陸上部

ハードルで全国大会へ スポーツ

3年の大谷さん・山崎さん

8月8日号

給食の「ストロー」削減へ

青陵中学校

給食の「ストロー」削減へ 教育

生徒会発案 1919本回収

8月8日号

店舗と住民で意見交換

馬引沢通り

店舗と住民で意見交換 社会

初企画 地域の活性化へ

7月25日号

役目終え、一部を保存

関戸橋

役目終え、一部を保存 社会

地域要望「ろくせぶ公園」に

7月25日号

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に

多摩市総合計画

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に 社会

第3期基本計画がスタート

7月11日号

機運醸成へ着々

東京五輪ロードレース

機運醸成へ着々 スポーツ

テストイベント等各所で

7月11日号

病院にいる子どもたちへ

東京医療学院大学

病院にいる子どもたちへ 社会

「キワニスドール」を製作

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

土の中のお宝を見よう

土の中のお宝を見よう

関戸公民館ギャラリー

8月6日~8月29日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月8日号

お問い合わせ

外部リンク