多摩版 掲載号:2015年10月8日号 エリアトップへ

西永山複合施設 通所施設・都営住宅へ 解体工事始まる

社会

掲載号:2015年10月8日号

  • LINE
  • hatena
解体工事が進む「西永山複合施設」=撮影10月3日
解体工事が進む「西永山複合施設」=撮影10月3日

 中学校跡地として障害者の通所施設や市民活動団体に利用されてきた「西永山複合施設」。公共施設の縮減、有効活用を目的に、障害者通所施設等と都営住宅の合築として建て替えられることが決まり、そのための解体工事が9月から始っている。

 「西永山複合施設」は、もともと西永山中学校として1980年から1997年まで使用され、その後、NPOセンターや多摩市いきがいデイサービス、シルバー人材センターなどの拠点となるほか、障害者通所施設として今年3月まで利用されていた。

 多摩市では、公共施設の更新、維持費に関わる負担を減らすことを目的に、2013年に「多摩市公共施設の見直し方針と行動プログラム」を策定。2014年度から2024年度までの間に、早期に取り組みを実施する施設を「ステップ1」、期間内に取り組みを実施する施設を「ステップ2」、改修時期に合わせて実施する施設を「ステップ3」と位置付け、公共施設の縮減と、有効活用を図る計画を進めている。

 「西永山複合施設」はそのプログラムの中で、耐震性、老朽化といった問題からステップ1に位置付けられ、「多様な主体による福祉の推進等の場」として活用するため、校舎、体育館、プール等を解体、建て替えが検討されていた。同時に、東京都から老朽化が進む都営団地の建て替えの際、使用地として利用させてほしいと要請を受けていた。

 それを受けて、市では計画通り施設を解体し、障害者通所施設等とするとともに、都営住宅を合築、整備することを今年7月に決定。市議会の9月定例会で議決されたことから、解体工事が始まった。工事は来年2月頃完了予定で、その後、都が新施設の基本設計に着手。そして実質的な設計に入る予定だという。

 市では、「住居の戸数等、完成時期についてはまだ未定。都の設計で決まる予定」と話している。

多摩版のトップニュース最新6

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に

多摩市総合計画

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に 社会

第3期基本計画がスタート

7月11日号

機運醸成へ着々

東京五輪ロードレース

機運醸成へ着々 スポーツ

テストイベント等各所で

7月11日号

相模原駅まで先行整備へ

小田急多摩線延伸

相模原駅まで先行整備へ 社会

多摩市「議論深めていく」

6月27日号

病院にいる子どもたちへ

東京医療学院大学

病院にいる子どもたちへ 社会

「キワニスドール」を製作

6月27日号

6年ぶりに関東大会出場

多摩消防署特別救助隊

6年ぶりに関東大会出場 社会

救助の迅速・確実性が評価

6月13日号

糖尿病重症化に待った

多摩市

糖尿病重症化に待った 社会

薬局で生活習慣改善支援

6月13日号

33階「タワマン」を計画

聖蹟桜ヶ丘駅北地区

33階「タワマン」を計画 社会

520戸、市内で最高層建物に

5月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク