多摩版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

観客参加型コンサートを開催している「うたごえランド」の代表を務める 石橋 美恵子さん 和田在住 

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

「音楽の力」で地域貢献を

 ○…月に一度、多摩センターのココリアホールや永山公民館ベルブホールで”観客参加型”の歌声コンサート「うたごえランド」を主催している。1月8日に行われたコンサートには、日本を代表するオペラ団体・藤原歌劇団の村上敏明さんをゲストに迎え、会場は満員に。市内だけでなく、茨城や横浜から足を運ぶ人もいるほど、好評を博した。「何のしがらみもなく、大声で歌えたり、友達ができたり、コミュニティーができているので」と人気の秘訣を笑顔で語る。

 ○…音楽好きの両親のもとで5歳からピアノを始めた。音大時代はピアノ科に在籍。卒業後は、ホテルやレストランでピアノ演奏やリサイタルを開くだけでなく、音楽教室でピアノの指導に従事し、市内の病院でヒーリングコンサートなども開催。東京消防庁のキャラクターのイメージソングも手掛けた。現在は小学校の常勤講師を務める。そうした地域貢献活動が縁で、11年前に多摩センター活性化事業として委託を受け、ボランティアで始めたのが「うたごえランド」だった。

 ○…「人と同じことをやるのが苦手で、面白いことをやるのが好きなんです」。毎回ゲストを招いて開いているものの、主役はあくまでも「観客」。病に伏した人や、リハビリで通う人たちも多い。観客全員が楽しそうに歌っている姿、喜んでいる姿を見るのが、嬉しく、日々の活力になっている。「音楽には良薬にも勝る大きな力がある」。活動を通じて、改めて音楽の魅力に気づかされた。

 ○…現在、構想として練っているのが、音楽好きの高齢者から若者まで集まって朝から晩まで歌い、子育て中のお母さんのサポートをシニアが、シニアの介護を若い世代が担う3世代シェアハウスだ。「色々な方の意見やアイデアを結集して楽しいことをしていきたい。『音楽の力』で魅力ながら地域に貢献していきたい」。今後も多摩から音楽の楽しさを発信していく。

多摩版の人物風土記最新6

飯島 文彦さん

多摩市議会議長に就いた

飯島 文彦さん

和田在住 52歳

5月26日号

高橋 英與さん

多摩ニュータウン・愛宕地区などのコミュニティ再生に取り組む

高橋 英與さん

八王子市在住 73歳

5月12日号

白井 美恵子さん

創立45周年を4月に迎えた多摩市民謡連盟の会長を務める

白井 美恵子さん

連光寺在住

4月28日号

陰山 峰子さん

多摩市副市長に4月1日、就任した

陰山 峰子さん

都内在住 52歳

4月14日号

宮嶋 良考さん

ハンドボールの小学生・都大会で先ごろ、優勝した多摩市内クラブの代表を務める

宮嶋 良考さん

一ノ宮在住 54歳

3月31日号

花枝 聖さん

「元気を送る」シンガーソングライターとして活動する

花枝 聖さん

稲城市観光大使 40歳

3月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook