多摩版 掲載号:2018年4月5日号 エリアトップへ

長谷工コーポレーション 多摩センターに新施設 市企業誘致条例の8社目

経済

掲載号:2018年4月5日号

  • LINE
  • hatena
テクニカルセンターの完成予想図=同社提供
テクニカルセンターの完成予想図=同社提供

 建設業大手の(株)長谷工コーポレーション(本社・港区)が現在、鶴牧で建設を進めている「長谷工テクニカルセンター」の一部が4月16日に操業を開始する。同社は「多摩市企業誘致条例」に基づく指定企業に認定されており、認定企業は約5年半ぶり、8社目となる。

 「長谷工テクニカルセンター」の建設が進められているのは、ショッピングセンター「クロスガーデン」の多摩モノレール通りを挟んだ向かい側で、以前「わんにゃんワールド多摩」などがあった土地。

 同社では、創業80周年記念事業の一環として、グループの技術開発機能を集約するため、今回「長谷工テクニカルセンター」を新設することとなった。このテクニカルセンターには、埼玉県越谷市にあった「技術研究所」、大田区にあった「技術研修センター」「長谷工コミュニティアウル24センター(24時間・365日対応のマンション緊急対応センター)」が入居。生活者の目線に立った安全・安心、快適に住まうための研究・技術開発を行うとともに、広くマンション事業主や行政、管理組合などのエンドユーザーに対して新技術・新商品・技術検証等を発信する拠点になるという。

 また、建物内には、大人から子どもまで長谷工グループのものづくりへの思いや、市政、実績などを見て、触れて、感じて、学べる「参加型コミュニケーションの場」として「長谷工マンションミュージアム」も新設される(今秋開館予定)。

 一方、多摩市では3月1日に、同社を「企業誘致条例」に基づく指定企業に認定。この条例は、企業誘致の推進を目的とし、2002年に賑わいのあるまちづくりの一環として制定したもので、約5年半ぶり、同社で8社目となる。

 テクニカルセンターの新設による年間来訪者数は約1万8500人、飲食需要、労働調達等の多摩市への経済効果は最大3800万円になるという(同社推計)。

 同社では「集合住宅に関する研究・技術開発やスタッフの教育・研修、そして様々な情報発信を行っていくとともに、多摩市のにぎわいのあるまちづくりに貢献していきたい」としている。

多摩版のトップニュース最新6

受動喫煙防止条例を施行

東京都

受動喫煙防止条例を施行 社会

【Web限定記事】市「半年前より周知を」

5月14日号

手作りマスクで恩返し

都立多摩桜の丘学園

手作りマスクで恩返し 社会

駅で配布、施設に寄付

5月14日号

飲食店支援の輪広がる

市民有志

飲食店支援の輪広がる 社会

ポスター・チラシを製作

5月14日号

Jillもマスクで感染対策?

【Web限定記事】

Jillもマスクで感染対策? 社会

市「温かく大事に鑑賞を」

4月30日号

「ボッチャTAMAカップ」延期に

【Web限定記事】

「ボッチャTAMAカップ」延期に スポーツ

コロナの影響で「1年程度」

4月30日号

4月から5番組スタート

多摩テレビ

4月から5番組スタート 文化

防災防犯、地域資源発信を

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月14日号

お問い合わせ

外部リンク