多摩版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • はてぶ

長谷工コーポレーション 多摩センターに新施設 市企業誘致条例の8社目

経済

テクニカルセンターの完成予想図=同社提供
テクニカルセンターの完成予想図=同社提供
 建設業大手の(株)長谷工コーポレーション(本社・港区)が現在、鶴牧で建設を進めている「長谷工テクニカルセンター」の一部が4月16日に操業を開始する。同社は「多摩市企業誘致条例」に基づく指定企業に認定されており、認定企業は約5年半ぶり、8社目となる。

 「長谷工テクニカルセンター」の建設が進められているのは、ショッピングセンター「クロスガーデン」の多摩モノレール通りを挟んだ向かい側で、以前「わんにゃんワールド多摩」などがあった土地。

 同社では、創業80周年記念事業の一環として、グループの技術開発機能を集約するため、今回「長谷工テクニカルセンター」を新設することとなった。このテクニカルセンターには、埼玉県越谷市にあった「技術研究所」、大田区にあった「技術研修センター」「長谷工コミュニティアウル24センター(24時間・365日対応のマンション緊急対応センター)」が入居。生活者の目線に立った安全・安心、快適に住まうための研究・技術開発を行うとともに、広くマンション事業主や行政、管理組合などのエンドユーザーに対して新技術・新商品・技術検証等を発信する拠点になるという。

 また、建物内には、大人から子どもまで長谷工グループのものづくりへの思いや、市政、実績などを見て、触れて、感じて、学べる「参加型コミュニケーションの場」として「長谷工マンションミュージアム」も新設される(今秋開館予定)。

 一方、多摩市では3月1日に、同社を「企業誘致条例」に基づく指定企業に認定。この条例は、企業誘致の推進を目的とし、2002年に賑わいのあるまちづくりの一環として制定したもので、約5年半ぶり、同社で8社目となる。

 テクニカルセンターの新設による年間来訪者数は約1万8500人、飲食需要、労働調達等の多摩市への経済効果は最大3800万円になるという(同社推計)。

 同社では「集合住宅に関する研究・技術開発やスタッフの教育・研修、そして様々な情報発信を行っていくとともに、多摩市のにぎわいのあるまちづくりに貢献していきたい」としている。

多摩版のトップニュース最新6件

創立10周年を祝福

青陵中学校

創立10周年を祝福

10月18日号

「地域経済」牽引企業を支援

多摩市×東京都

「地域経済」牽引企業を支援

10月18日号

医療費の所得制限を撤廃

多摩市全小・中学生

医療費の所得制限を撤廃

10月4日号

「地域交流」の場を再興

ほほえみネット愛宕

「地域交流」の場を再興

10月4日号

鎮座400年を祝って

落合白山神社

鎮座400年を祝って

9月20日号

地域コミュニティ「再生」を

三方の森ふれんど

地域コミュニティ「再生」を

9月20日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

持続可能な地域づくりを

持続可能な地域づくりを

 健幸まちづくりシンポジウム

11月1日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク