多摩版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

北諏訪小卒業生 カプセル開封 笑顔咲く 20歳で掘り起こし約束

社会

カプセルの中身を見て微笑む塩津さん
カプセルの中身を見て微笑む塩津さん
 今年20歳を迎えた市立北諏訪小学校の卒業生が3月25日、同校の体育館裏に埋めたタイムカプセルの掘り起こし作業を行った。カプセルから出てきたそれぞれの思い出が詰まった作文や記念品を手にして「懐かしい」と笑顔の花を咲かせた。

 この企画は、当時の保護者で構成された卒業対策委員会の発案により実施された。今から8年前、卒業式を前に記念として「20歳の自分へ」手紙を贈ろうと、作文や記念品を直径60cmのプラスチックのタイムカプセルに入れて、体育館裏の敷地に埋めた。その際、20歳の年の3月25日に堀り出そうと約束し、この日を迎えた。

 事前に、卒業生の櫻田葉南さんが中心となって、SNSで同級生に連絡。当日30人ほどが集まり、掘り起こし作業を行った。鉄道会社に勤務する塩津太基さんは、カプセルの中に入っていた鉄道の切符やチケットなどを見て「カードなどを入れたのは覚えていた。幼い頃から電車が好きだったので、変わっていないなと思った」と笑顔を見せた。他のメンバーも「3行の文章しか書いていないとは。もっとビッグにならないとダメ」「こんな時もあったなと懐かしい気持ち」と、思い思いに感想を口にした。

 その後、掘り起こし作業に参加できなかったメンバーも集合して同窓会を実施。作文を手渡し、旧友たちとの再会を楽しんだという。同委員会では「今日渡せなかった人たちには郵送で送る予定です」と話している。

掘り起こし作業に参加した卒業生
掘り起こし作業に参加した卒業生

多摩版のトップニュース最新6件

アプリで緊急情報配信

多摩市

アプリで緊急情報配信

1月10日号

多摩の魅力、開花へ全力

小池都知事インタビュー

多摩の魅力、開花へ全力

1月10日号

「健幸(けんこう)まちづくり」全施策に

新春インタビュー

「健幸(けんこう)まちづくり」全施策に

1月1日号

「選手権でリベンジ、優勝を」

流経大柏関川郁万選手

「選手権でリベンジ、優勝を」

1月1日号

商店の魅力知る「まち歩き」

諏訪・馬引沢エリア

商店の魅力知る「まち歩き」

12月13日号

「菊花」全国大会2位に

南野在住峯岸忠さん

「菊花」全国大会2位に

12月13日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク