多摩版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

聖蹟桜ヶ丘駅北地区 33階「タワマン」を計画 520戸、市内で最高層建物に

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
建築計画が進められている聖蹟桜ヶ丘北地区
建築計画が進められている聖蹟桜ヶ丘北地区

 聖蹟桜ヶ丘駅北口周辺で現在、進められている「聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画」。そこに地上33階建てのタワーマンションの建築計画が進められていることが分かった。4月には近隣住民への説明会も行われ、今後、近隣住民からの意見書などを踏まえ、多摩市・街づくり審査会の協議を経て、施工される見通し。計画が進めば、多摩市内で最も高い建物が建つことになるという。

 聖蹟桜ヶ丘駅周辺は、2013年策定の「多摩市都市計画マスタープラン」の中で、「広域拠点」と位置付けられ、「多摩市の玄関口にふさわしい活気ある商業・業務地の形成」をまちづくりの方針としている。そうした中で、市と聖蹟桜ヶ丘駅北口周辺の地権者は、連携して協議会等を立ち上げ、これまで同地域のまちづくりについて協議を進めてきた。そうした中で策定された「聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画」は、広域拠点としてのにぎわいの創出、利便性の向上、多摩川の親水軸の形成とアクセスの改善を目標としている。土地区画整理事業と、防災性に配慮した盛土整備を実施することにより、良好な住環境と景観の形成を図り、商業・業務施設と住宅の調和した複合市街地の形成を目指すとしている。

 現在は、土地区画整理事業として、多摩川沿いの堤防道路工事をはじめ道路擁壁、宅地整備工事が進んでおり、その宅地整備工事が行われている一部で計画されているのが、「(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地」のタワーマンションだ。

 建築主は、東京建物(株)(中央区)と(株)東栄住宅(西東京市)。場所は関戸1丁目6番外で、敷地面積8556平方メートル、建築面積2055・53平方メートル、延べ面積4万9954・80平方メートル、共同住宅520戸、駐車場221台の地下1階・地上33階建て(高さ112・24m)の鉄筋コンクリート造のタワーマンションの建設が計画されている。

 多摩市都市計画課によると、同マンションの建設が計画通りに進めば、聖蹟桜ヶ丘のビュータワーマンションや多摩センターの朝日生命本社ビル、ベネッセコーポレーションビルを超える最も高い建物となるという。

 また同敷地内には、公開空地が設けられ、同地区計画によって、その空地は防災広場になる他、近隣住民や多摩市のイベントなどで使用することもできる予定。またマンション建物内には、防災倉庫なども設ける予定だという。

 このマンションの建築計画は、今後、地域住民からの意見書などを踏まえ、多摩市・街づくり審査会の協議を経て、施工される予定。2020年2月上旬に着工、22年2月下旬の完成を目指すとしている。

 市都市計画課では「多摩市の玄関口としてのシンボリックな建物になるのでは。地域の活性化につながることに期待したい」と話している。

多摩版のトップニュース最新6

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介

作家八尾さん

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介 文化

定点観測の手法採用

8月6日号

障害者への配慮を

多摩市

障害者への配慮を 社会

差別禁止「条例」施行 周知へ

8月6日号

父親の出征旗 米から帰還

連光寺田中政幸さん

父親の出征旗 米から帰還 社会

76年ぶりの再会に涙

7月23日号

独自のPCR検査実施へ

市臨時補正予算

独自のPCR検査実施へ 政治

新たに5億8千万円

7月23日号

市職員8人に消防総監賞

市職員8人に消防総監賞 社会

連携で高齢男性を救命

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「暮らしに寄り添って」

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク