多摩版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

多摩消防署特別救助隊 6年ぶりに関東大会出場 救助の迅速・確実性が評価

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
訓練に取り組む1部特別救助隊
訓練に取り組む1部特別救助隊

 多摩消防署の1部特別救助隊がこのほど、7月5日(金)に長野県長野市で開催される「第48回消防救助技術関東地区大会」へ出場することが決まった。同隊は、5月14日から16日に夢の島訓練場(江東区)で行われた「東京消防庁庁内選考会」の「障害突破」に出場し、救助演技が優秀だったことが評価された。多摩消防署として関東大会に出場するのは6年ぶり。同隊のリーダー・天野龍消防士長は「関東大会を勝ち抜き、全国大会優勝を目指したい」と意気込みを語る。

 特別救助隊は、救助に関する高度な知識と専門技術、特殊な資機材を駆使し、火災や交通事故、自然災害などの「困難性が高い」と判断される災害現場に出場する災害救助のプロだ。東京消防庁81署のうち24署で運用されており、多摩消防署では1997年4月に発足。1〜3部まであり、多摩市内を中心とした災害現場へ出動している。

 今回行われた庁内選考会は、日頃の訓練の成果を披露する場として毎年開催されているもの。多摩消防署からは1〜3部の特別救助隊が、「障害突破」に出場した。障害突破は、5人1組(1人は補助者)で4人が協力しながら、壁の乗り越え、ロープ渡りやロープを使った壁の昇降、濃煙を通過するという基本動作によって、災害現場を想定した5つの障害を突破し「安全・確実・迅速性」を競い合うものだ。

 当日、同種目には都内の28特別救助隊が参加。各隊が救助演技を披露し、多摩消防署1部特別救助隊(天野消防士長、齋藤康平消防副士長、古田勝平消防副士長、児成徹消防副士長、和田啓太消防士)がタイムと減点の少なさを評価され、関東大会に出場する東京消防庁の代表3隊のうちのひとつに選ばれた。

 今年初めから、通常訓練の合間に選考会の訓練に励んできたという同隊。「運動会でもタイムを求めるだけの競技でもない。この訓練は、現場で人命救助につながるものなので、減点項目は絶対にしない、危険行為を絶対にしない、迅速性とともに安全確実をモットーに、『綺麗に美しく』を意識して練習してきた」と天野消防士長は話す。

 多摩消防署から関東大会に出場するのは6年ぶり。同大会には、1都9県の消防本部から選抜された26隊130人の救助隊員が出場する。成績上位6隊は、8月25日に岡山県で開催される全国大会に出場することができる。

 5月30日には、関係者に訓練の様子が披露され、隊員たちは多摩消防懇話会の峯岸忠会長、金子裕一郎署長から激励を受けた。メンバーの児成消防副士長は「貴重な経験なので、色々なことを吸収し、自分自身も成長して全国に向けて頑張っていきたい」と目標を語り、天野消防士長は「若くて経験は少ないけど元気があるチーム。リーダーとしてこのチームを全国優勝に導きたい」と意気込みを語った。

金子署長から激励を受ける隊員たち
金子署長から激励を受ける隊員たち

多摩版のトップニュース最新6

競泳全国大会で活躍

落合中水町兄弟

競泳全国大会で活躍 スポーツ

個人メドレーなどで入賞 

9月9日号

電気の地産地消示す

たまでん

電気の地産地消示す 社会

市民の手で発足 来月10年目

9月9日号

会員急増で手腕に注目

市シルバー人材センター

会員急増で手腕に注目 社会

全国上位の伸び示す

8月26日号

29年度までに全4車線化

尾根幹線道路

29年度までに全4車線化 社会

今年度から「最終区」工事

8月26日号

1年過ぎ、徐々に浸透

市ユーチューブチャンネル

1年過ぎ、徐々に浸透 社会

今後は「外向き」発信も

8月5日号

コロナ禍で存在感

鶴牧の研修施設

コロナ禍で存在感 社会

「公共の場」としての利用増

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook