多摩版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

「シニアのためのボランティア・地域活動ハンドブック」のイラストを手掛けた 平田 真利恵さん 中沢在住 42歳

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

「当たり前の社会」が夢

 ○…多摩ボランティア・市民活動支援センターがシニア向けに発行している「ボランティア・地域活動ハンドブック」。そこに描かれた数々のイラストをタブレット端末で切り絵のように貼り付けながら作成した。「誰が見ても共通認識を持てるように描いた。最後まで読んでボランティアや地域活動に興味を持ってもらえれば」と声を弾ませる。

 ○…宮崎県出身。生まれてすぐに体に異常が見つかり脳性麻痺の後遺症が残った。思うように体が動かず外遊びができなかったため、絵を描くことが好きになった。高校まで特別支援学校に通い、その後親元を離れて施設に入居。全国の障害者団体を回っていた時に多摩市の団体を勧められた。「重度の障害を持ちながら地域で自分らしくいきいき暮らしている姿を見て、ここに来たいと思った」と上京した。

 ○…現在は様々な場所で障害や車いす、介助者についての講演活動を行っている。「生活を支えてくれる人の仕事がまだまだ浸透していない。いろいろな工夫をしながら人の助けを借りて生活していることを伝えたい」と熱く語る。イラストの仕事もしており、タブレット端末が普及したことで以前よりも作業がしやすくなった。「全然世界が違う。独学で限界があるけど、いろいろなジャンルを描きたいですね」と笑顔で語る。

 ○…現在の活動を今後も続けていく予定だが「いずれは講演を行わなくても障害や国籍が特別なものでなく当たり前の社会になってほしい」と願う。同じように障害を持ち特別支援学校に通う子どもたちに、自分の姿、経験、活動を知ってもらうことで少しでも将来の役に立ちたいという思いも抱く。そうした「夢」の実現のためにこれからも走り続ける。

多摩版の人物風土記最新6

西村 卓人さん

多摩青年会議所(JC)の理事長に就いた

西村 卓人さん

町田市在住 34歳

1月20日号

渡貫 淳子さん

食品ロスなどに関する講演を2月に行う南極地域観測隊の調理隊員だった

渡貫 淳子さん

八王子市在住 48歳

1月6日号

永吉 英記さん

タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した

永吉 英記さん

日野市在住 50歳

1月1日号

知念 蓮さん

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する

知念 蓮さん

八王子市在住 23歳

12月16日号

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook