多摩版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

都知事選 小池氏が再選 市民「暮らしに寄り添って」

政治

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う東京都知事選は7月5日投開票され、現職の小池百合子氏が再選した。多摩市の有権者からは「市民の暮らしにもっと寄り添ってほしい」などの声が聞かれた。

 都知事選には前回2016年の21人を上回る、22人が立候補。コロナ禍の選挙戦となり接触機会を避けるため、インターネットを通じて訴える戦略に徹する候補者が多く見られた。

 都選挙管理委員会が発表した確定投票率は55・00%。前回の59・73%を4・73ポイント下回った。多摩市の投票率は57・50%で、前回の63・23%よりも5・73ポイント下回った。

 小池氏は政策の中で多摩地域について「生産拠点の国内回帰に際しての多摩への誘致強化」「多摩地域における英語村の開設をはじめ、学生・ビジネスパーソン含めた都民の英語習得環境の拡大」などを掲げていた。

強いリーダーシップを

 今回の結果について多摩市内の有権者に聞いた。

 50代男性は「もっと都民の暮らしに寄り添った政策を行ってほしい」と話し、その理由については「この4年間でその辺りが具体的に見えてこなかった」と語った。

 60代女性は「いつもスローガンを掲げているけど何だかよくわからないことが多い。これからはもっとプラスになることに取り組んでほしい」と注文をつける。「特に三多摩は忘れないでほしい。オリンピック・パラリンピック、コロナの対応でお金を使ったので、これからの財政がどうなるのか心配」と不安を吐露する一方で、「オリンピックをやるのかやらないのか早めに結論を出してほしい。派手なイベントは時代にそぐわないと個人的には思っているので」と話す。

 50代男性は「クリーンで信念を持って強いリーダーシップを発揮してほしい」と希望する。一方で「仕事が大変なのはわかるが、もう少し朗らかに、魅力的な明るい雰囲気を出してほしい。首都東京の首長なので、華やかさを」と付け加えた。

 30代男性は「オンライン中心の選挙で各候補者が論じ合う機会がなく、この4年間の取り組みを総括する場がほしかった」と振り返り、「東京といっても23区と三多摩は違う。地域に応じて適切な政策を望む」と期待を寄せる。続けて「社会の価値観が大きく動いていく時代。今回の都知事選も含めて、今後の選挙もしっかりと自分と向き合って投票していきたい」と語った。

多摩版のトップニュース最新6

「熱戦の場」として40年

一本杉公園野球場

「熱戦の場」として40年 社会

今後は「使いやすい施設」へ

1月20日号

京プラ多摩が来年閉館へ

京プラ多摩が来年閉館へ 社会

老朽化など「総合的に判断」

1月20日号

取組通じ、若年層に繋がり

周年・市民事業グループ

取組通じ、若年層に繋がり 社会

旗振り役 「コツは1本釣り」

1月6日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

1月6日号

「くらしに、いつもNEWを」

新春インタビュー

「くらしに、いつもNEWを」 社会

阿部市長 経済喚起策も

1月1日号

吹奏通じ、士気あげ25年

市消防団ラッパ隊

吹奏通じ、士気あげ25年 社会

存続危機も「専任」導入

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook