多摩版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

中央図書館をつくる会 寄付金・絵本を市・学校へ 「建設・教育に役立てて」

文化

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
阿部市長と清水教育長に寄付金と絵本を手渡す会のメンバー
阿部市長と清水教育長に寄付金と絵本を手渡す会のメンバー

 市民団体「多摩市に中央図書館をつくる会」(青木洋子代表)は10月29日、多摩市役所を訪れ、市に寄付金を、市教育委員会に絵本を寄贈した。多摩市の中央図書館の望ましい姿を研究し、実現に向けて市民の立場から提言等を行ってきた同会。「中央図書館の整備事業と、小・中学校の学校図書館の教育活動に役立ててほしい」と話している。

 1999年6月に多摩市第四次総合計画策定に向けた市民ワークショップ「まちづくり研究会」が行われ、同年12月に基本計画が提言された。その中で、中央図書館計画の遅れについて触れられていたことから、早期実現のために市民の力でできることをと、2000年2月に同会が設立された。

 以来、多摩市にふさわしい中央図書館の在り方や必要性、地域図書館や学校図書館、近隣の公共図書館のネットワーク化、大学・企業とのネットワーク化について学習・研究を行い、市民に向けた勉強会や講演会、市議会に早期整備への要望を陳情するなどの活動を行ってきた。

 そうした活動もあり、中央図書館の整備事業が進められ、18年8月に基本計画を策定。基本・実施設計を経て今年10月に着工予定だったが、工事等の入札不調による遅れから、23年5月の開館予定に変更となった。

 同会では、当初の着工のタイミングに合わせ、これまで主催したイベントの収益や、市民からの寄付を積み立ててきた12万1415円を整備事業に役立ててほしいと市に寄付することを決めた。また、同会のメンバーが多く所属する多摩市文庫連絡協議会に、作者や出版社から『あいうえあそぼう図書館で』(子どもの未来社)、『やとのいえ』(偕成社)の2種類の絵本の寄贈を受けたことから、それを会で購入し、前者を市内公立小学校17校に、後者を公立中学校9校に寄贈した。

 同会の寄付・寄贈を受けた阿部裕行多摩市長は「図書館は知識や知を授かる大事で不変な場所。皆さんの気持ちをしっかり受け止め、絵本を子どもたちに届け、中央図書館建設のために役立てたい」と感謝の言葉を述べた。青木代表は「図書館の発展が平和な社会をつくることを信じて、子どもたちの未来が豊かなものになるよう役立ててもらいたい」と話した。

 なお、同会では、今後市内の私立小・中学校、都立学校にも絵本の寄贈を行う予定だという。
 

多摩版のトップニュース最新6

「食品ロス」応援求む

多摩市

「食品ロス」応援求む 社会

飲食・小売店 PRを支援

12月2日号

多摩と稲城 交流50年

多摩と稲城 交流50年 社会

合同で取り組み 協力進む

12月2日号

走るスーパー店員を育成

鶴牧出身会沢さん

走るスーパー店員を育成 スポーツ

監督としてNY駅伝導く

11月18日号

近隣地域で最多 活動進む

市内NPO法人

近隣地域で最多 活動進む 社会

背景に住民意識の高まり

11月18日号

「レンガ坂」来年改修へ

「レンガ坂」来年改修へ 社会

拡張し、イベントにも対応

11月4日号

多摩NT再生へ力

UR都市機構

多摩NT再生へ力 社会

コンパクトシティ目指す

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook