多摩版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

市コロナワクチン接種 65歳以上はGW明け 医師会・田村会長に聞く

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える田村会長
インタビューに答える田村会長

 新型コロナウイルスのワクチン接種が多摩市内でも本格的に始まる。現在は東京都が主幹となり、医療従事者への接種を行っているところだが、市と共に事業を進める多摩市医師会によると、市内の高齢者施設で働く介護従事者らや、65歳以上の接種が始まるのは5月の大型連休明け頃になる見込みという=4月12日時点。

 市医師会の田村豊会長が語った。

 高齢者施設で働く介護従事者らや65歳以上の後は、基礎疾患のある人、一般へと進めていく予定とし、接種場所となるヴィータ・コミューネ(関戸公民館)、ベルブ永山(永山公民館)、多摩センター駅近くの研修宿泊施設「リンクフォレスト」の3カ所では、同会会員である医師が予診、接種にあたるという。

 接種に関して医師不足が指摘される地域もあるが、市医師会は会員の医師に対して、各診療所の休みとなる曜日にワクチン接種への協力を求め、「現状、希望日が集中することもあるが、会員の理解のうえ、医師を配置できるよう調整を進めているところ」と説明する。

 また、ワクチンが安定して供給されるようになった際は、各診療所での個別接種も選択できるようにしていく方針と言い、「市内30〜40カ所を想定している。市民には、集団か個別か希望する形を選んでもらいたい」とする。

「焦らないで」

 一方で、市民に求めることとして、「当初はワクチンの供給量が不十分のため、希望する日に予約が取れない可能性もあるが、国は十分な量の供給を明言している。焦らずに順番を待ってもらいたい」と話し、「現在まで、世界で1億人以上が接種したワクチンだが、大きな副作用がみられたケースは少ない。安心して接種するようにしてほしい」と訴える。

 加えて、今回のワクチンはおよそ3週間を空けて再度接種する必要があるが、「1回目でおよそ7割の効果といわれ、2回目でほぼ100%とされる。忘れずに接種してもらいたい」と解説している。

受診離れは?

 コロナ禍のなか、感染を恐れ、日常的に医療機関を受診しない人が増えているとの声も聞かれるが、市内外で10近い医療機関を運営する田村会長の医療法人では、今年に入り徐々に受診患者が戻ってきているという。

 「特に多摩市内。都心の患者よりも、かかりつけ医を信頼し、来院してくれる方が多いと感じる」と話し、「当医師会会員の診療所もしっかりとしたコロナ対策を実施している。安心して来院してもらいたい」と呼びかけている。
 

多摩版のトップニュース最新6

多摩ゆかり選手も出場

東京2020五輪

多摩ゆかり選手も出場 スポーツ

パラには在住黒田さん

7月22日号

高齢の人と猫結びつけ

落合のNPO法人

高齢の人と猫結びつけ 社会

「生活の糧に」 猫の幸せにも

7月22日号

コロナ禍で普及進む

ダンボちゃん

コロナ禍で普及進む 社会

市オリジナルコンポスト

7月8日号

都ファ石川氏 トップ当選

都議選南多摩区

都ファ石川氏 トップ当選 政治

自民・小礒氏が返り咲き

7月8日号

多摩市にも「SDGs」の声

多摩市にも「SDGs」の声 社会

行政や一部企業 理念採用へ

6月24日号

学生発案「回遊プラン」支援

多摩市など

学生発案「回遊プラン」支援 経済

官民学連提携し、場づくり

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter