多摩版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

多摩市 若年層の就労支援へ コロナ離職者 今年度

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
永山ワークプラザに並ぶ市内の求人票
永山ワークプラザに並ぶ市内の求人票

 多摩市が今年度、新型コロナの影響を受け離職した若年層の就労支援にあたる。民間企業の協力を得て、上限30人を募集。研修を実施し、事業者との結びつきを持たせていく。期間中は、生活を支えるため、学生を除く参加者へ給与を支給し、この事業参加者を雇用した市内事業者には奨励金を交付する考えという。

 コロナへの緊急対策として、市はこの取り組みに5100万円を補正予算として計上。参加者は、市内在住の主に30代までの若年層を想定し、コロナで就職活動が長引いている学生を含んだ。期間中は生活を支えるため、学生を除く参加者に給付を支給し、社会保険なども完備する。

 事業開始となる8月初めまでに業務を委託する民間企業を決定し、委託先が参加者の募集を担当。ビジネスマナーの確認などの研修を数日間実施した上で、参加者と市内事業者のマッチングを図っていく予定という。

 市の担当者は「昨年度、文京区が実施した事業を参考にした取り組み。求職者と会社のミスマッチが起こらないように、まず就労体験してもらった上で、参加者と事業者の合意により就職が決定する仕組み。活用してもらいたい」と話している。

事業者に奨励金

 市は一方で、この取り組みにより、市内事業者の採用熱を高めたい狙いもある。市内への就職が決まった場合は事業者に奨励金を交付する考えといい、「取り組みを通じて、市内経済の活性化にもつながれば」と話している。

就職困難続く

 コロナの影響を受け、就職が難しい状況が続いている。東京労働局が4月末に発表したデータによると、東京都の3月分有効求人倍率は1・17倍と2月より0・02ポイント低下。コロナの感染拡大がみられるようになった昨年から14カ月連続の1倍台で、「求人が減少し、求職者は高い水準にある」(同局)状況が続いている。

 更に、多摩市内は深刻なようだ。職業相談などに乗る永山ワークプラザの運営元であるハローワーク府中によると、管轄の多摩を含む稲城、府中などの地域における求人倍率は1を切った状態が続いていると担当者。

 一方で、感染拡大の影響を受けづらい建設業などの業種で求人が増えた事例もあるといい、担当者は「コロナによって飲食業など求人が減った職種もあるが、IT関係など一部には増えている仕事もある。行政の補助金などを活用しながら、知識、技能を身に付け、新たな職種へと転身を図るのも現在の状況下では考慮すべきと思う」と話している。

多摩版のトップニュース最新6

フレイル予防拠点を開設

市内医療財団

フレイル予防拠点を開設 社会

関戸に「啓発していく」

6月10日号

本殿など修復へ

関戸熊野神社

本殿など修復へ 社会

来年6月の完成目指す

6月10日号

貧困家庭などを食料支援

市内ネットワーク団体

貧困家庭などを食料支援 社会

来月初開催 「継続していく」

5月27日号

定数2に4人出馬か

都議選南多摩区

定数2に4人出馬か 政治

投開票は7月4日

5月27日号

7月に新校舎竣工

永山高

7月に新校舎竣工 社会

今年度50周年 節目に

5月13日号

若年層の就労支援へ

多摩市

若年層の就労支援へ 社会

コロナ離職者 今年度

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter