多摩版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

意見広告 市民の命と安全を守る このまちに生きる、ゼンリョク こいそ明

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
現在は桜美林大学特任教授、東京医療学院大学シニアアドバイザーを務める
現在は桜美林大学特任教授、東京医療学院大学シニアアドバイザーを務める

命を救えるまちに

 私が生まれた頃は、多摩は村でした。高度成長とともに町から市へ、農村は急激に変化していきました。当時の多摩には、お医者さんは数人。これでは助かる命も助からないという場面を目の当たりにしてきました。少年の私に解決できることはなく、悲しみに明け暮れたこともありました。そんな体験から「命を救えるまちにしたい」、この想いが政治の原点となり、今も同じ気持ちで政治に携わっています。

まちのために汗を流す

 50年後には、ニュータウンの人口が半減との衝撃的な予測もありますが、あくまでも予測です。一歩先の社会情勢を見極め、みんなの英知を結集すれば、必ず50年後も輝く多摩にできるはずです。そのために歩み続けなければと思い、汗を流しています。

コロナに立ち向かうワクチン接種を急ごう

 いま、国難ともいうべきコロナ感染症対策は喫緊の課題です。まず徹底した感染症対策を進め、ワクチン接種を急ぐべきではないでしょうか。私は、ご高齢者や基礎疾患を持つ方々が安心してワクチンを受けられるよう、かかりつけの病院でもワクチンの接種ができる「個別接種」の前倒しでの実施を市当局に要望。結果として、医師会をはじめとした医療従事者の方々のご協力で、7月1日から市内40カ所の病院やクリニックでワクチン接種が始まります。ワクチン接種に不安の方は、是非かかりつけの医師にご相談ください。

感染防止と経済の両立

 かつてのおだやかな日を取り戻すためには、経済の回復も同時進行で進めるべきです。コロナ終息まで、個人都民税を20%減税、事業所税50%減税を進め、家計や事業者の支援を行い、市民の命と安全、安心を守る政治にゼンリョクで取り組む考えです。

熱く再起動

 この4年間、駅頭に立ち、地域をまわり、再起動を期して活動を続けてまいりました。みなさまにお育て頂いた、このまちに生きる一人としてこれまでも、これからも多摩の未来にゼンリョクで取り組んでまいります。

こいそ明

多摩市貝取1449-1

TEL:042-389-6300

http://akira-koiso.com/

多摩版の意見広告・議会報告最新6

10年間で4割も子どもが減った?

意見広告

10年間で4割も子どもが減った?

多摩市議会議員 遠藤ちひろ

1月20日号

「住みたい街」トップ10に

「住みたい街」トップ10に

多摩市議会議員 遠藤ちひろ

1月1日号

市民の命と安全を守る

意見広告

市民の命と安全を守る

このまちに生きる、ゼンリョク こいそ明

6月24日号

多摩地域にも集団接種会場を

都議会報告

多摩地域にも集団接種会場を

都議会 無所属・東京みらい 斉藤れいな

6月10日号

このまちに生きる

意見広告

このまちに生きる

ゼンリョク こいそ明

5月13日号

コロナ対策「支援」延長へ

都議会報告

コロナ対策「支援」延長へ

都議会 無所属・東京みらい 斉藤れいな

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook