神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2021年8月26日 エリアトップへ

落合でジムを運営しながら、40代の現役格闘家として活躍する 森 修さん 八王子市在住 48歳

公開:2021年8月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

奥深さにのめり込み

 ○…9月に「待ったのかからない柔道」と例えるブラジリアン柔術の大会挑む。5歳刻みの年代別で行われるが、前回、40代前半で出場した際は82キロ以下、無差別の2階級で優勝。徹底的に相手を寝技へと誘い込んで勝利をつかんだ。「この競技は最近人気上昇中。今回は出場するライバルが多そうで勝てるか不安いっぱいです」。強面を崩しそう語る。

 ○…4年前にパンチや蹴り、寝技もありの総合格闘技でプロデビュー。勝利を果たし、「オールドルーキー」として一躍注目を集めた。元プロキックボクサー。引退後に参加した総合の練習会で「弱そうなおじさん」に寝技でいとも簡単に組み敷かれてしまった経験が「何でもあり」の格闘技にはまるきっかけに。「実戦ということでは総合の方が強いと感じた。奥が深いのが魅力。毎日学ぶことばかりです」

 ○…元々、鍼灸マッサージ師として生計を立ててきたが、40歳手前でジムを開設して以来、地域の子どもから70歳手前の生徒たちに格闘技を教えることが生活の軸となった。指導でこだわるのは楽しさ。練習はきつくても格闘技の奥深さを探るなど、それぞれの楽しさを見つけてもらいたいと考える。「幼い頃、いじめにあった私を格闘技は強くしてくれた。そんなことも伝えていければと思います」

 ○…闘争心よりも研究心が勝る格闘家。これまで様々な格闘技に取り組み、勝つことを追求しつつも負けから得る「学び」を大切にしてきた。だからこそ強くなれたと振り返り、そんな温和な性格は人気ジムの要因となっている。「地域に格闘技の魅力を伝えていきたい。安全なスポーツとしても」。2人の子どもを見守る父親。年々優しく、強くなる自分を楽しんでいる。

多摩版の人物風土記最新6

小林 務さん

20周年を迎えた東京多摩プロバスクラブの会長を務める

小林 務さん

日野市在住 83歳

6月6日

齋藤 潤さん

多摩聖蹟ウォーク&ランを立ち上げた

齋藤 潤さん

一ノ宮在勤 53歳

5月23日

城所 久夫さん

4月1日付で多摩市消防団の団長に就任した

城所 久夫さん

連光寺在住 61歳

4月25日

高瀬 喜重子さん

創立50周年を迎えたわかば卓球クラブの代表を務める

高瀬 喜重子さん

一ノ宮在住 86歳

4月11日

渋下 すみれさん

被災地復興支援企画のトークセッションでファシリテーターを務めた

渋下 すみれさん

落合在住 21歳

3月28日

中山 京子さん

マリアナ政府観光局から名誉観光大使として表彰された

中山 京子さん

多摩市在住

3月14日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook