多摩版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

尾根幹線道路 29年度までに全4車線化 今年度から「最終区」工事

社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
4車線化の工事が始まる聖ヶ丘五丁目の交差点付近
4車線化の工事が始まる聖ヶ丘五丁目の交差点付近

 東京都は先ごろ、多摩市内などを通過する南多摩尾根幹線道路における一部区間の4車線化工事の開始を発表した。今年度から2029年度までに、現在2車線の聖ヶ丘五丁目─稲城・東長沼間の4車線化を進める計画で、この工事によって尾根幹線の全4車線化が完了することになる。

 尾根幹線は多摩と稲城や八王子、町田などをつなぐ約16・6キロの都道。以前より、交通渋滞緩和などを目的に4車線化が進められてきた。

聖ヶ丘五丁目─稲城間

 今回公表された箇所は聖ヶ丘五丁目から稲城市東長沼までのおよそ4キロで、他の4車線化工事同様、自転車歩行者道の拡幅工事も並行して行われる。期間は今年度から29年度まで。

 20年から、諏訪─南野間(25年度完成予定)でも4車線化が進められており、今回発表された工事が完了すると尾根幹線の全4車線化が完了することになる。

 都の担当者は「1969年に立てた計画に沿い、国土交通省からの認可を受け実施する。都民の皆さまには工事期間中、ご迷惑をおかけするが、ご理解頂きたい」とする。

「渋滞緩和」期待

 4車線化になり期待されるのが交通渋滞の緩和だ。尾根幹線は現在、朝夕の通勤・通学時間帯や土日は混み合うことが多く、特に2車線の区間は慢性的な交通渋滞が発生している。

 19年度に2車線から4車線となった唐木田周辺は現在では以前よりも車がスムーズに流れるようになり、周辺の地域住民らからは「尾根幹の渋滞を避けるために、細い生活道路へ侵入してくる車も減り良かった」などの声が聞かれる。

 また、唐木田周辺では自転車歩行者道の拡幅工事によって歩道と自転車が走る場所が完全分離され、最近では歩行者とサイクリストが接触しそうになるケースが見られなくなったとの声も挙がっている。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

多摩版のトップニュース最新6

多摩大・寺島学長講座に評

多摩大・寺島学長講座に評 社会

地域に「小さな親切」

10月21日号

「性別関係なく」全校で

都立高入試

「性別関係なく」全校で 教育

定員の1割 来年実施へ

10月21日号

自宅療養者にオンライン

自宅療養者にオンライン 社会

多摩地域限定 「安心に」

10月7日号

多摩NT商店街「見直して」

多摩NT商店街「見直して」 社会

31日催し 子育て世代が企画

10月7日号

パラ五輪で再び注目

桜ヶ丘いろは坂

パラ五輪で再び注目 社会

脚光浴び四半世紀

9月23日号

多摩の街と共に50年

市内アマチュア無線グループ

多摩の街と共に50年 社会

記念交信カードを発行

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook