多摩版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う 藤原 昌子さん 聖ヶ丘在住 75歳

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

「思い」つなぐサンタさん

 ○…取り組みは今年5年目を迎えた。新潟県で始まった企画。各地に広まるなか関わる友人に勧められて多摩市内でも始めることを決めた。書店に協力してもらい、「プレゼントしたい」という人が本屋に行けば子どもたちへの「思い」を込めた本を贈ることができる仕組みを多摩でもつくった。自身がもらう立場のように今年はどのような本が集まるのか――。楽しみで仕方がない。

 ○…夫と共に着物の修繕などを行う店を経営する。昨年までは聖ヶ丘商店街のなかで店を開いていたが、コロナの影響で来店客が減少し、今年から自宅で受付を始めた。商店街ではおしゃべり好きの名物おかあさん。みんなの輪のなかにいたが、店の場所が住宅街のなかに移ってもそれは変わらず、自宅兼店舗でお客さんと話し込んでしまうこともしばしば。てきぱきと仕事にあたる。これも変わらない姿だ。

 ○…広島県で生まれ育った。幼いころは無口で泣き虫の女の子。そんな自分を好きになれず、「変わりたい」と思い続けるなか、高校への入学が転機に。自分のことを誰も知らない環境で、積極的に周囲へ声をかけると多くの友だちが。毎日が充実するようになった。それはSNSを通じて実生活でもつながる友を得ている現在にもつながること。「今では誰とでも友だちになれますよ」と笑う。

 ○…幼いころから読書好き。このプレゼント企画で自身は子どもたちが好んで本を読むきっかけになればと毎回、「面白いもの」を選び、贈っている。一方で背景には本を手にして何かしらの生きるヒントを得てもらいたいという思いも。「取り組みを広めていきたい。みんなが笑顔になれるように」。白髪が似合うサンタさん。今年も活躍する。

多摩版の人物風土記最新6

西村 卓人さん

多摩青年会議所(JC)の理事長に就いた

西村 卓人さん

町田市在住 34歳

1月20日号

渡貫 淳子さん

食品ロスなどに関する講演を2月に行う南極地域観測隊の調理隊員だった

渡貫 淳子さん

八王子市在住 48歳

1月6日号

永吉 英記さん

タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した

永吉 英記さん

日野市在住 50歳

1月1日号

知念 蓮さん

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する

知念 蓮さん

八王子市在住 23歳

12月16日号

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook