海老名版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

大荒行僧7人が寒中水行

社会

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 雪の残る寒さの中、社家の常在寺(海野義明住職)で2月21日、僧侶が100日間の大荒行を終え、無事に寺に帰ってきたことを報告する「帰山奉告式(きざんほうこくしき)」を行った=写真。

 この日は千葉県市川市の中山法華経寺で昨年11月1日から今年2月10日までの100日間に及ぶ「大荒行」を終えた僧侶7人が水行を披露。下帯姿で経を唱えながら勢いよく冷水を何度もかぶった。地域住民や檀家ら約100人が手を合わせながら水行を見守っていた。

 13年ぶり3度目となる「大荒行」を終えた海野住職によると、荒行中は朝夕の精進料理の食事で、午前2時30分に起床し、3時から3時間おき(最終は午後11時)に毎日7回の「水行」と日々課せられる「読経」の修行を100日間続けるという。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

初の女性指導員

初の女性指導員 社会

海老名駅西口に勤務

4月3日号

「地域の交通安全に」

「地域の交通安全に」 社会

日産座間事業所

4月3日号

大凧まつり中止

手作りマスク配布中

綾瀬市商工会女性部有志

手作りマスク配布中 経済

4月3日号

恵みの雪ふる

外出自粛の日曜

恵みの雪ふる 社会

花冷えの各地、人まばら

4月3日号

萩原氏を選任

萩原氏を選任 社会

海老名市 副市長

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク