海老名版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

海老名市 都市計画道路を見直し 未着手の7路線を検証

政治

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市が昨年度進めた都市計画道路の見直し結果をまとめこのほど公表した。計画決定後、長期間にわたり整備が行われていない路線について検証作業を進め1路線を「廃止」、5路線を「留保付き存続」としたほか、市域南部を走る県道22号横浜伊勢原を新たに都市計画道路とする必要がある路線と位置付けた。

 市まちづくり部によると市内の都市計画道路は13路線・総延長29・98Km。このうち18・94Kmについては整備が完了している一方で、約11Kmは未整備となっている。中には計画決定から50年近くを経過している路線もあり、市は人口減少や交通需要の変化を背景に見直し作業を進めた。

 今回、検証対象となったのは7路線。このうち東柏ケ谷地区を東西に抜ける計画の「高座開拓東西線」は大和市側に都市計画道路計画がなく、主要地方道横浜厚木線が代替機能を果たしていることなどを理由に「廃止」とした。

 また、さがみ縦貫道路の北伸に伴い交通量増加が見込まれる下今泉門沢橋線など5路線を、路線の必要性は高いが事業実施時期の見込みがたたない「留保付き存続」とした。

県道22号を追加路線に

 横浜市磯子区と伊勢原市を結ぶ幹線道路で、海老名市南部域を抜ける県道横浜伊勢原線について「新たに都市計画道路とする必要がある路線として追加すべき」との検証結果を示した。

 当該区間の東西で4車線化が進んでおり、県央地区の東西をつなぐ道路として必要性が高いとの判断で、都市計画道路に正式決定されれば1996年11月に計画決定された「河原口勝瀬線」以来となる。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント 社会

小児病棟の道化師に思い託す

7月30日号

26年の活動に終止符

目久尻川をきれいにする会

26年の活動に終止符 文化

会員高齢化「目的は達成」

7月30日号

身近にある共生社会

タウンレポート

身近にある共生社会 経済

障がい者雇用、「6年前は納付金」

7月23日号

学生に発表の場を

海老名駅前

学生に発表の場を 社会

ビナウォークが「文化祭」企画

7月23日号

DXで資源化増量

座間市ごみ減量対策

DXで資源化増量 社会

草木は燃やさず、バイオ燃料に

7月16日号

動画でグランプリ

海老名の学童保育

動画でグランプリ 社会

賞金で図書館バス実現へ

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter