海老名版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

「海老名市民オペラ」の代表を務める 川田 直輝さん 国分北在住 21歳

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena

見えないものに立ち向かう

 ○…「こう見えてもまだ21歳なんですよ」。身長は170cmほどだが、ガッチリとした体格がすでに貫禄をただよわせる。高校、大学で声楽を学び、オペラの楽しさや感動を知った。それを多くの人に伝えようと市民オペラの立ち上げを企画。「オペラ大好き人間です。知れば知るほど面白くなるオペラへの探求心を広められれば」と笑顔満点で語る。若干21歳。将来への期待をのぞかせる。

 ○…母、祖母ともピアノや合唱指導を行っており、物心がついた時にはピアノの前に座っていた。中学2年生の冬から声楽を志し、世界的にも有名な指導者に師事。めきめきとその才能を開花させ、全国大会で最高位の賞を受賞した。卒業後は名門の国立音楽大学附属高校へ進学。ここでも声楽の日本一を決める大会で2位に輝くほか、記念式典での演奏や東京都知事賞を受けるなど数々の実績を残しながら、スキルや知識を磨き上げていった。

 ○…「芸術とは山を登るようなものだと思います。てっぺんの景色を見るために歩み続ける。見えない頂点を追い続けることなのかもしれません」と落ち着いて淡々と話す独特の世界観が、これまでの経験値を感じさせる。「オペラは再現芸術」と話すように、当時の貨幣価値や時代背景を認識することから始まる。それから何百、何千回と歌い込み、音符や歌詞の意味を理解し作曲者の真意に迫りこむ。「この作業がたまらなく面白い。心揺るがす音楽への追求心が自分を動かしています」

 ○…「今、自動車教習所に通っています」。趣味の話など音楽から離れれば普通の大学生と変わらない。音楽の話になるとたちまち顔つきが変わる。「舞台は一発勝負の水物だからこそ、練習をした人にだけ、本番で見えない力が働く」。アスリートのような考えで音楽と向き合う。夢は「芸術のまちを創ること」。湧き出るアイデアが彼を動かしているのだろう。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

菅原 正士さん

県立座間谷戸山公園の園長を務め、「ナラ枯れ」対策にも奔走する

菅原 正士さん

座間市在勤 61歳

8月19日号

横山 利佳さん

神奈川県肉豚共進会で史上初の3連覇を果たした

横山 利佳さん

綾瀬市吉岡在勤  41歳

8月12日号

小林 真希さん

NPO法人の理事長として、地域で子育て支援の活動に取り組む

小林 真希さん

綾瀬市小園在住 47歳

7月29日号

大石 博さん

綾瀬市トウモロコシ部会の部長を務める

大石 博さん

綾瀬市小園在住 40歳

7月22日号

下郡山 永一さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会県央東支部の支部長に就任した

下郡山 永一さん

海老名市大谷北在住 58歳

7月15日号

福田 光明さん

県指定教習所による二輪車技能教習競技大会で総合優勝をした

福田 光明さん

海老名市国分寺台在住 34歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook