海老名版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

夜行高速バス運行開始 「他都市への路線も検討」

経済

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena
乗客を乗せ出発を待つバス
乗客を乗せ出発を待つバス

 海老名から関西方面へ向かう夜行高速バスの運行が1月12日から始まった。バスを運行する杉崎観光バス(株)(小田原市)によると、当面は月曜・火曜を除く週5日、運行する予定だという。

 名古屋や大阪などと東京、横浜を結ぶ高速バスを運行する同社では県央、県西の利用ニーズに応えようと、昨年夏から海老名市内へのバス停設置へ向け準備を進め、12月中旬に申請許可がおりた。

 東京駅と鳥取駅を結ぶ路線の途中停留所として初のバスを迎えた12日夜、定員41人の車両に38人が乗車。定刻の11時25分に鳥取へ向け出発した。

 横4列、縦11列の高速バスは乗務員2人体制で約650Kmの行程を走行する。東京駅を午後9時30分に出発する「下り便」は横浜駅東口の「横浜シティ・エア・ターミナル」を10時25分に出発した後、11時15分過ぎに海老名停留所に到着。25分に出発した後、京都縦貫自動車道の京都長岡京を経由し、6時過ぎには大阪の梅田、終着点となる鳥取駅には9時25分に到着する。一方、「上り便」は午後8時15分に鳥取を出発。海老名には午前6時に到着する。

 シーズンや曜日により異なるが最も安いケースの場合、海老名―大阪間の料金は2500円程度、鳥取までは6500円程度となる。

 同社関係者によると「海老名にバス停が新設できたことで、今後、他のエリアへの路線も検討していきたい。圏央道が開通したことは多くの可能性を高めると思う」と話している。

海老名版のトップニュース最新6

水害恐れ、5千人が避難

台風19号

水害恐れ、5千人が避難 社会

相模川沿岸で大きな被害

10月18日号

「投票率を上げたい」

市長選市議選

「投票率を上げたい」 政治

政治への関心高める動き

10月18日号

渡邊選手(国分南在住)日本代表に

ドッジボールW杯アジア予選

渡邊選手(国分南在住)日本代表に スポーツ

市内で唯一選出

10月11日号

ベイジュニアに選出

海老名フレンズ酒井友成選手

ベイジュニアに選出 スポーツ

800人参加の選考通過

10月11日号

議会基本条例を制定

議会基本条例を制定 政治

「最高規範」全25条に

10月4日号

地域の足、実証運行始まる

地域の足、実証運行始まる 社会

南部地域の不便さを解消

10月4日号

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ

海老名市長選

氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ 政治

「多選・無投票を阻止」

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク