海老名版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

絶滅危惧種「河骨(こうほね)」を守れ 県内で海老名のみに自生

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
黄色い花を咲かせる「河骨」
黄色い花を咲かせる「河骨」

 神奈川県内では海老名市中新田にのみ自生が確認されていたスイレン科の植物「河骨」。中新田から北部公園近くの産川(さんかわ)せせらぎ公園へと移植した河骨が現在、直径5cmほどの可憐な黄色い花を咲かせている。

 絶滅のおそれのある生物種をとりあげ、自然の保護における優先順位を決定する手助けとなる種の分布や生息状況などの情報をまとめた「神奈川県レッドデータブック」によると、河骨はごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものと分類される絶滅危惧IA類に分類されている。

 河骨は多年草の水草で、水中葉と水上葉に分かれて繁茂するのが特徴。水底の泥に這う白い根茎が骨のように見えることから「河」の「骨」と呼ばれるこの植物は、根茎に利尿薬のような効果があるとされ、中新田地区では漢方薬として重宝された時代もあるという。

 中新田の放水路に生息が発見されていたが、周辺地域の土地開発の影響など環境変化が原因で徐々に株数は減少。さらに放水路は冬以外水位が高く、水の勢いも激しく生息困難な状況の中、河骨を採取している人がいることを発見したことをきっかけに、絶滅を防ぐため地元自治会や中新田小学校関係者らが2002年に「河骨保護の会」を設立させ、保護活動を始めた。

 2008年には自生地だった水路の護岸工事を受けて自生地の環境に近い貫抜川や中新田小学校、今福薬医門、産川せせらぎ公園に約170株を移植。花を開いた「河骨」はこのときの移植株に由来する。

 「河骨保護の会」の高山清会長は「他の場所でも間もなく開花が見られ、9月頃まで楽しめる。この機会に多くの人に知って頂ければ」と話している。

開花が見られる、産川せせらぎ公園
開花が見られる、産川せせらぎ公園

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

湘南梨が最盛期

湘南梨が最盛期 経済

「かながわブランド」初の夏

8月14日号

国重文の仏像を輸送

龍峰寺千手観音菩薩立像

国重文の仏像を輸送 文化

県立歴史博物館で展示へ

8月14日号

遠藤氏が出馬表明

座間市長選

遠藤氏が出馬表明 政治

「困難な時代に立ち向かう」

8月7日号

戦争体験を動画配信

海老名市平和事業

戦争体験を動画配信 社会

追悼式中止受け作成

8月7日号

佐藤氏が出馬表明

座間市長選

佐藤氏が出馬表明 政治

「市民の声聞くリーダーに」

7月31日号

海老名で3.6倍に

7月の雨量対前年

海老名で3.6倍に 社会

時間10ミリ以上が急増

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク