海老名版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

東名高速道路下り線「港北パーキングエリア」の支配人を務める 阿部 公一さん 横浜市在住 41歳

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

拓かれた”憩いの場”へ

 ○…県央エリアにある「海老名サービスエリア(SA)」の年間売上が日本一となって久しいが、その十数キロ東京寄りにある同所の利用台数も1日平均3千台以上と全国トップクラスを誇る。しかし昨今、圏央道が開通してからは若干ながら減少傾向にあり「そこをどうするか?が、目下の課題ですね」と、危機感を募らせつつ語る。

 ○…フードコートの従業員などを合わせれば、述べ約100人のスタッフが、文字通り24時間、年中無休で各種サービスを提供する中、支配人は併設するコンビニの店長も兼任している。”現場は人”をモットーに、スタッフに対して個別面談を幾度となく重ね、自身の考えや方向性を十分に理解してもらった上で働いてもらえるような環境づくりを1年半にわたり継続。その結果、笑顔や挨拶といった接客面における対外評価が大幅に上昇するなど、着実に成果を挙げている。

 ○…「パーキングエリア(PA)は、サービスエリア(SA)より規模は小さいですが、ビジネスマンや一般ドライバーの皆さんが『ちょっと寄る』のに相応しい感じですかね」と、両所の特性について説く。「決定的に異なるのは、お客様との距離ですね」とも。固定客やリピーターが多いゆえ「今日はスタッフの○○さんお休みなの?」などと尋ねられる事もしばしば。また「先を急ぐために高速道路を利用している」というドライバー心理に寄り添い、会計レジの台数を増強。待ち時間の短縮がストレス軽減に繋がり安全運転を下支えする、といった考えに基づく独自の細かなサービス改良は、枚挙に暇がない。

 ○…青葉区の自宅から、2人の愛娘に見送られ出勤している思い入れが詰まったPAには海老名SA同様「ぷらっとパーク」サービスで一般道からも入場可能。近隣住民や家族連れの利用者のためにも、とテラス風の休憩席を設けるなど心遣いの方向性は、施設の外側にも向けられている。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

池田 徳晴さん

公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団の理事長を務める

池田 徳晴さん

座間市広野台在住 72歳

4月9日号

宮本 正浩さん

宮本内科小児科の院長で、3月をもって引退する

宮本 正浩さん

座間市入谷西在住 79歳

3月26日号

池田 陽子さん

座間市「アウトリーチ支援」の専門相談員を務める

池田 陽子さん

座間市小松原在勤 67歳

3月19日号

棚原 忍さん

名門クラブのサッカーコーチをしながら、海老名のバーに勤務する

棚原 忍さん

綾瀬市小園在住 35歳

3月12日号

小林 覚さん

ナラ枯れ対策に取り組む市民団体「座間安全・安心推進会」の会長を務める

小林 覚さん

座間市入谷西在住 73歳

3月5日号

高山 裕子さん

応募総数2,443点の「第74回書道芸術院展」で俊英賞を受賞した

高山 裕子さん

海老名市中央在住 49歳

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 綾瀬スマートIC

    神奈川県議会議員 綱嶋洋一   県政報告

    綾瀬スマートIC

    今後の課題と展望

    4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク