海老名版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

海老名特産イチゴ 出荷ピーク「やや早め」 採れたて味わえる直売も

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
今年の出来に納得する武井代表
今年の出来に納得する武井代表

 「かながわの名産100選」に認定され、県内一の生産量を誇る海老名のイチゴが最盛期を迎え、市南部域を中心に栽培する農家が出荷作業に追われている。

 審査員が各農園へ赴き生育状況などを評価する神奈川県の品評会で最高位の農林水産大臣賞を獲ったことがあり、とちおとめを栽培する「武井いちご園」(武井哲也代表・本郷)によると、今年は夏が涼しく、秋が暖かかったこともあり例年よりも1週間ほど早い出荷になっているという。また、「見た目は小ぶりなものの味はしっかりのっていて美味しくなっている」と話している。

幅広い人気誇る

 海老名域におけるイチゴの栽培は1930(昭和5)年から始まり、当時は「福羽苺」という品種を栽培していた。「海印」として珍重され、新宿や銀座の名店にも出荷されていたほどの高級品で、桐の箱に収められ、昭和天皇に献上されたこともある歴史をもつ逸品だったという。

 特産品の「イチゴ」は、全国へ出荷されているだけでなく、海老名市銘酒開発委員会によって、「いちごわいん」(市特産品第1号)や「いちご酢」などに商品化され毎年、市民に親しまれている。

 武井代表は「これから冬の寒さで実がしまり、さらに美味しいイチゴが出来上がります。収穫して時間が経っていない直売所のものは実の痛みが少なく、鮮度も良いので是非ご利用して頂ければ」と話している。

 イチゴの販売は市内大谷のJAさがみグリーンセンター(【電話】046・234・0080)や中央の海老名駅前農産物直売所(【電話】046・234・5310)、各農家の直売所などで行われている。
 

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

分担金変更案を否決

高座清掃施設組合議会

分担金変更案を否決 社会

ごみ減量実績めぐり白熱

4月9日号

成人フェス開催へ

成人フェス開催へ 社会

座間RCなど地域団体で盛り上げ

4月9日号

10年ぶり全国制覇

日本の大動脈と連結

日本の大動脈と連結 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

5世代の車両一堂に

ロマンスカーミュージアム

5世代の車両一堂に 経済

国内最大級の沿線ジオラマも

4月2日号

フォトコンで元気を

綾瀬市商工会青年部

フォトコンで元気を 経済

桜まつり代替えで初開催

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 綾瀬スマートIC

    神奈川県議会議員 綱嶋洋一   県政報告

    綾瀬スマートIC

    今後の課題と展望

    4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク