海老名版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

海老名市消防団の団長に就任した 高橋 裕之さん 国分北在住 53歳

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena

トップの才覚ここにあり

 ○…ボランティア精神のもと地元住民で構成される「消防団」。有事の際の消火協力活動ほか日頃の消火栓点検やイベントでの啓発活動など、地域の防災力向上に努め、市民の暮らしに安心と安全を陰ながら届けている。「団員はサラリーマンなど、海老名で育った方以外も増えている。後世に歴史伝統を伝えつつ、良い影響を与えられるよう、2年しかない任期を全力で取り組んでいきたい」

 ○…消防団入団は23歳のとき。都内勤めの会社員から父が経営する企業に転職してすぐ、地元へ帰ってきた事を聞きつけた先輩から誘いを受けた。入団後は海老名青年会議所や商工会議所、自治会、PTAなどのまちづくり団体に所属。仲間の輪とともに自身の見識を広げ、舵を取る役を数多く任せられた。「月に一度、家でご飯を食べる日は『カレンダーに丸をして』と家族言われましたね」。笑顔で語る姿からは、苦労以上に得たものの大きさが伺える。

 ○…本業は東柏ケ谷にある広告会社「(株)栄信社」の代表を務める。組織論を語れば、言葉が溢れるように出てくるほど話の引き出しが多く、その話術で聞き手は魅了される。考え方は論理的だが、目標を決めてからの行動は情熱的な性格。最近では、仕事の作業時間を減らし売上を伸ばすといった社員全員が前向きに取り組める環境を整えたという。「目標を一つ達成すると人は上昇志向になり、物事が上手く運ぶようになるんです」と持論を語る。

 ○…地域の様々な活動の中心には消防団経験者が多い事から「消防団組織は人材育成につながる」と分析する。「昔と違って、勧誘に行けば、チャイム越しに『いりません』なんて言われる笑い話もあるけど、まちのため、自分のためにも是非仲間になってもらいたい」と、活動の対価には大きな自信を覗かせる。同じ目的に向かって活動していけるよう、リーダーとして組織に磨きをかけていく。

海老名版の人物風土記最新6

五十嵐 徹さん

相鉄線「海老名駅」など4駅長を務める

五十嵐 徹さん

東柏ケ谷在住 53歳

12月13日号

三橋 正春さん

海老名保護区保護司会の会長を務める

三橋 正春さん

上今泉在住 71歳

12月6日号

木村 千恵子さん

令和元年度秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した

木村 千恵子さん

柏ケ谷在住 77歳

11月29日号

中村 惠さん

「海老名市めぐみ町MUSIC FES 2019」を主催する

中村 惠さん

69歳

11月22日号

伊左次 雄介さん

アジアコンバットレスリング選手権大会で優勝した

伊左次 雄介さん

国分北在住 28歳

11月15日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

55歳

11月8日号

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

演劇と音楽と格闘が融合した「魔界」で主要キャストを務める

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

東柏ケ谷出身 30歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シクラメン中農高で販売会

18日 午後2時30分から

シクラメン中農高で販売会

12月18日~12月18日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク