海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

臨済宗建長寺派「龍峰寺」の新住職として晋山式に臨む 大西 龍彦さん 国分北在住 43歳

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena

600年の歴史の担い手

 ○…室町時代初期に建立され、600年以上の歴史を持つ国分北の「龍峰寺」。4月29日に執り行われる「晋山式」(新住職を迎え入れる催事)で31代目の住職に就任する。「このような風習があることを知ってもらいたい。1つのお寺で、50年に1度ぐらいしかない珍しい機会なので、是非気軽に見に来て頂ければ」と呼び掛ける。

 ○…4人兄弟の長男として同寺に生まれた。将来について「僧侶になりなさい」と両親から言われたことはなかったが、「寺を継ぐのは自分かな」と幼心に感じていたという。野球漬けだった中学・高校を経て、臨済宗の大学に進んだ後、修行のため鎌倉の建長寺へ。待っていたのは連日、早朝3時から深夜1時まで続く修練の日々だった。冷暖房もなく、与えられたのは布団を敷く1畳分のスペースのみ。「あまりの厳しさに逃げ出す人もいましたが、同期が頑張っている姿を見て、負けられないと自分を奮い立たせました。この時の経験があるから、龍峰寺に戻ってからも和尚として困っている人などに寄り添えているのだと思います」と当時を振り返る。

 ○…龍峰寺副住職のほか、建長寺派の本山である建長寺で「教学部長」を務めた経験を持つ。業務内容は、座禅会の企画や拝観者の案内、チラシ作成などの広報全般。毎日2つの寺を行き来する多忙な生活を送った。住職に就任したことで龍峰寺での勤務が主となり「息子たちと遊ぶ時間が増えるので嬉しい」と父親の顔を見せる。

 ○…現在は葬儀や法事などの際にのみ寺を訪れる人が多いが「相談場所や憩いの場として、もっと気軽に顔を出してもらいたい」と話す。寺をより身近に感じてもらうため、建長寺で培った経験を生かし、住民参加型のイベントを増やすことが今後の目標だ。「今まで以上に地域に目を向け、生まれ育った海老名の方々と共に歩んで行ければ」と笑顔を見せた。

座間市に7月15日オープン

7/9(火)~12(日) 予約制 入居見学会開催!

https://www.asuka-care.jp/facility/index/6

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

6月26日号

山口 珠美さん

代表を務める川柳サークルが3周年を迎えた

山口 珠美さん

海老名市国分北在住 55歳

6月19日号

橘川 好一さん

相和私立幼稚園協会の会長に就任した

橘川 好一さん

綾瀬市寺尾本町在住 65歳

6月5日号

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

峯尾 晃さん

第49回県施設野菜共進会で農林水産大臣賞を受賞した

峯尾 晃さん

綾瀬市上土棚南在住 66歳

5月15日号

荒井 政晴さん

海老名警察署の第16代署長に就任した

荒井 政晴さん

海老名市大谷在勤 58歳

4月17日号

健康な心と体はお口から

海老名市歯科医師会は、地域に根ざした様々な活動を行っています

http://www.ebishika.org/

地域密着の葬儀会社

安心して旅立てるプランを思いのままに

https://www.aoiebina.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月13日10:06更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク