海老名版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

海老名警察署の署長に就任した 岩岡 豊さん 中新田在住 56歳

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

発展するまち、更に安全に

 ○…海老名駅西口の「まち開き」や、初の人口13万人突破など発展を続けている海老名市。今後、より一層の犯罪防止が重要視される海老名の警察署長に着任した。「海老名署に務めるのはこれで2回目。公共施設や市民ボランティアの方も知っている顔が多いので、皆さんと協力し、より安心・安全なまちを目指したい」と熱を込める。

 ○…少年時代からバイクが好きで、白バイへの憧れから警察官の道に進んだ。鎌倉の派出所勤務を皮切りに、交通機動隊や関東管区警察局など、様々なフィールドを経験してきた。その警官人生の中でも、9年前に配属になった海老名署が非常に活気があり、特に印象深いという。当時の署長が掲げていたのは、全ての課や係、交番が一体となり仕事に取り組む『オール海老名の精神』。これが功を奏し、その頃から発展を続けていたまちと反比例するように、大幅に犯罪件数を減らしていった。「風通しが良く、皆で情報共有をして働きやすかった。自分もいつか署長になったら、こんな職場にしたいと思っていたので、思い出深い海老名への配属は縁を感じますね」と話す。

 ○…自宅は横浜市だが、現在は中新田の宿舎で単身赴任中。休みの日はバイクに乗って管内を探索しているという。愛車は高校時代に乗っていた思い出のバイクと同じ型。「近所のお店で偶然見つけて、思わず衝動買いをしてしまった。もちろん安全運転ですよ」と笑顔を見せる。

 ○…夏の一大イベントおして親しまれている「えびな市民まつり」や、運動公園に約5万人を動員する「いきものがかり」の凱旋コンサートなど、今年も重点的な警備が必要とされる案件がいくつもある。「まちは大きく変わりましたが、犯罪件数はずっと減少傾向にあるんです。先輩方が作ってくれたこの流れを保てるよう、頭を使って仕事に取り組んでいきたい」と意欲をのぞかせた。

海老名版の人物風土記最新6

五十嵐 徹さん

相鉄線「海老名駅」など4駅長を務める

五十嵐 徹さん

東柏ケ谷在住 53歳

12月13日号

三橋 正春さん

海老名保護区保護司会の会長を務める

三橋 正春さん

上今泉在住 71歳

12月6日号

木村 千恵子さん

令和元年度秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した

木村 千恵子さん

柏ケ谷在住 77歳

11月29日号

中村 惠さん

「海老名市めぐみ町MUSIC FES 2019」を主催する

中村 惠さん

69歳

11月22日号

伊左次 雄介さん

アジアコンバットレスリング選手権大会で優勝した

伊左次 雄介さん

国分北在住 28歳

11月15日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

55歳

11月8日号

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

演劇と音楽と格闘が融合した「魔界」で主要キャストを務める

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

東柏ケ谷出身 30歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シクラメン中農高で販売会

18日 午後2時30分から

シクラメン中農高で販売会

12月18日~12月18日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク