海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

「新サイダーは何味?」 変化が楽しめる一品に

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
ラベルデザインも刷新
ラベルデザインも刷新

 地元の特産品として、海老名銘酒開発委員会(半澤五月委員長)が手掛けている「えび〜にゃさいだぁ」がリニューアルされ、「えび〜にゃさいだぁいちごあじ?」に生まれ変わった。同委員会の開発品「いちごわいん」を材料に、苺の甘味とレモンの風味を同時に感じられる味に一新。6月1日(水)から8千本限定で販売される。

 「えび〜にゃさいだぁ」は、全国的にブームになっていた「地サイダー」を海老名でも作ろうと、3年前に同委員会が考案したもの。1年目は「いちごわいん」、2年目は「いちご酢」を原料に作製した。今年は、「昨年リニューアルされたいちごわいんを使用したものが飲みたい」という消費者からの声を受け、再開発に取り掛かったという。

 同委員会では2月頃から準備を始め、4カ月かけて完成させた。ワインは香料として使い、アルコール分0.03%未満の清涼飲料水に仕上がっているので、子どもも飲むことができる。

 半澤委員長は「味の変化がある商品に仕上がりました。飲んで頂ければいちご味なのか、レモン味なのか答えが出ると思います」と話している。容量は245mlで、価格は1本250円(税込)。箱入りの4本セットもある。市内の酒販組合加盟店のほか、市役所地下売店や海老名駅前連絡所(えび〜にゃハウス)などで販売される。

 問合せは市商工会議所【電話】046・231・5865へ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク