海老名版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

20周年コンサートを行う「ONEハート」の代表を務める 齋藤 惠美子さん 綾瀬市小園在住 71歳

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

音楽と声と笑顔を届ける

 ○…20年前に立ち上げた団体「ONEハート」は現在、100人以上のメンバーが活動し、年間200回以上の公演をしている。記念公演を目前に控え、「慌ただしい日々を過ごしています」と話すが、その表情はどこか楽しそう。「お客様たちはもちろん、演奏する会員たちも一緒に楽しんでもらえる。そんな時間になれば」と願いを込める。

 ○…40歳のとき、自宅で音楽教室を開いていた縁から、重度の障害者施設でエレクトーンの指導依頼を受けた。ただ学ぶだけでなく、音楽を楽しんでほしいと考え、演奏会を開催。演奏を楽しむ姿に目が見えない、歩けないなどの障害は関係なく、耳が聞こえなくても楽器に手を当て、音の振動を感じている姿を見て、音楽の凄さに感激したことを忘れはしない。「この思いを多くの人に感じてもらえたら」というのが、団体発足の原点。同施設へのコンサートは今も続けている。

 ○…小学3年生の頃、交響楽団の演奏に感動し、ピアノを習いだした。「裕福な家庭では無かったけど、『おやつはいらないから習わせて欲しい』と3日間くらい粘りました」と当時を思い浮かべる。一時、音楽からは離れたが、大人になってから再開し、結婚式場で演奏するブライダル奏者として、10年間で千件以上の挙式に花を添えた。「音楽一家のような恵まれた演奏環境では無かったから、自ら音楽の出来る場に飛び込む必要があった。その経験が今でも活きています」

 ○…”笑顔は他人を笑顔にする”をモットーに、感動を人に伝播させる。その思いが通じてか、会員自らが公演する場を見つけてきたり、仲間集めもしてくれる。長く続けていられる支えとして、夫の存在がある。大学時代に放送劇を通して出会った夫とともに、朗読劇を始めるなど二人三脚の活動を進めている。「会場にいる人の心が一つになる場を提供したい。それが”ONEハート”と名付けた時の夢です」と熱く語る。

海老名版の人物風土記最新6

丸山 洋一郎さん

10周年記念演奏会を開催する「アンサンブル楓」の代表を務める

丸山 洋一郎さん

74歳

10月11日号

永岩 美香さん

接客コンテスト関東・甲信越大会で審査員特別賞を受賞した

永岩 美香さん

扇町在勤 29歳

10月4日号

西島 貴弘さん

2019年度海老名市PTA連絡協議会の会長を務める

西島 貴弘さん

社家在住 47歳

9月27日号

里村 修平さん

第34回市民音楽祭の実行委員長を務める

里村 修平さん

河原口在住 69歳

9月20日号

三﨑 あきほさん

国内外で活躍する「舞踊団 若竹」で活躍する

三﨑 あきほさん

東柏ケ谷在住 27歳

9月13日号

羽賀 哲さん

相模獣医師会の会長を務める

羽賀 哲さん

 56歳

9月6日号

河原崎 圭志さん

海老名サービスエリアの総支配人に就任した

河原崎 圭志さん

国分北在住 49歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域での生活を考える

地域での生活を考える

講演や意見交換会を実施

10月27日~10月27日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク