海老名版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

(株)共栄ファスナー 「神奈川がんばる企業」に認定 市内企業で唯一

経済

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
認定証を手にする川添代表(中央)
認定証を手にする川添代表(中央)

 県はこのほど、独自の工夫で業務改善・業績アップを成功させた中小・小規模企業を「神奈川がんばる企業」として初めて認定した。県内46企業が発表され、精密ねじの製造を行う「(株)共栄ファスナー」(川添民男代表取締役/上郷)が市内企業で唯一選ばれた。川添代表は「お声が掛かり名誉。社員たちの士気も高まるのではないか」と話す。

 「神奈川がんばる企業」は、中小企業の社会的認知度と従業員のモチベーション向上を図るために設けられたもの。独自の工夫を行ったことで、年率3%以上の付加価値額と年率1%以上の経常利益の増加を実現させた企業が認定される。企業の募集は自薦と他薦により行われ、(株)共栄ファスナーは県からの勧めを受け、今年8月末に応募した。

 評価を受けたのは、2年前に「真空超音波洗浄機」の機械を導入し、ねじ製品の洗浄技術が高められたこと。これまでは灯油を使用する洗浄方法を用い、洗浄後に乾燥させるという2段階方式を取っていたが、油が取りきれずラインの流れが悪くなったり、洗浄の再処理が必要となることもあったという。また、機械の構造上死角の部分があり、異種・異物混入が懸念されていた。

 同社ではこうした課題に対処するため、ものづくり補助金を活用して真空超音波洗浄機を導入。この機械では炭化水素を用い洗浄するため、ねじ製品の谷部分など細かいところまで汚れを落とせるようになり、洗い直しの必要がなくなったことで平均洗浄数が増加し作業効率が約20%向上。また、洗浄から乾燥までを一つの機械で行えるようになり、死角部分もなくなったことで手元での確認が可能となり、異種・異物混入率を限りなく0%に近い値まで下げることに成功した。

 認定企業は今後、モデル事例として県が積極的に情報発信を行っていく。

4年前には県優良工場に

 平成8(1996)年に綾瀬市で創業し、その4年後に海老名に移転した同社。設立以来21年間、携帯電話やパソコンなどに使用される精密機械用マイクロねじ、プリント基板に用いるコネクターピンなどの製造を行ってきた。

 4年前には、経営業績・作業環境・生産技術などが評価を受け、地域経済をけん引することを期待される企業として「神奈川県優良工場」として表彰された。

導入した真空超音波洗浄機
導入した真空超音波洗浄機

海老名版のトップニュース最新6

「救急出動」が過去最多

市消防本部

「救急出動」が過去最多 社会

前年を超える7413件

1月24日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

23回目の「合唱のつどい」

23回目の「合唱のつどい」

26日 市文化会館で

1月26日~1月26日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク