海老名版 掲載号:2018年4月13日号
  • LINE
  • hatena

海老名市美術協会の会長に就任した 榎木 敏夫さん 柏ケ谷在住 72歳

個性を尊重する「人づくり」

 ○…今年で45回目を迎える協会展をはじめ小品展や市民文化祭への協力など、長きにわたり地域の芸術文化の発展に寄与する「海老名市美術協会」。現在、会員数は50人。”仲良く楽しく”をモットーに芸術の魅力を広めている。「美術初心者から全国的な公募展で賞を受賞する人がいたりなど楽しい会です。何歳になっても続けられるので興味がある人はぜひご参加を」と呼び掛ける。

 ○…芸術分野に携わるきっかけになったのは大学生のとき。教員育成に力を入れる学校に入学し、絵画から写真・陶芸など、あらゆる作品づくりを通して芸術を学んだ。卒業後は横浜市の小学校に教諭として着任。将来的には芸術関係の仕事をする予定だったが、子どもを育てる楽しさにはまってしまい8校にわたり教諭生活を務めた。「大人が敷くレールを歩ませるのでなく、『考える・決定する・実行する』を委ね、生きる力や自立心を育てる事をテーマにしていました」と振り返る。子ども好きが高じて、当時通っていた学校圏の地域サッカークラブの指導者を務めたことも。

 ○…現役時代は学校関係だけでなく横浜美術館でも勤務。芸術を楽しめるよう数々の講座などを企画し運営した。こうした経験を活かし、現在は座間市内で造形教室を開催。「モノ作りを通して、はさみで綺麗に紙を切る方法や工具の使い方など、普段の生活でも使える技術を伝えています」

 ○…退職を機として8年前に美術協会に入会。頼まれたら断れない性格で協会内での様々な役をこなしてきた。向上心は冷めやらず、現在も勉強を怠ることなく自分の作品づくりにも取り組む。「極める事が無いからやり続けられる。子どもや地域の方から元気をもらいながら活動しています」と笑顔を見せる。

国民民主党 神奈川県連

2019年 統一地方選挙 神奈川県内 立候補者募集

http://dp-kanagawa.jp/joining/youkou.html

<PR>

海老名版の人物風土記最新6件

杉本 芳秋さん

開館30周年の中新田コミュニティセンターで館長を務める

杉本 芳秋さん

12月7日号

永石 あつしさん

「レンブラントホテル海老名」の初代総支配人を務める

永石 あつしさん

11月30日号

児島 晴夫さん

大谷小学校50周年記念事業実行委員長を務めた

児島 晴夫さん

11月23日号

今福 麻奈美さん

平成30年度全日本卓球選手権大会マスターズの部(女子30歳以上)で優勝した

今福 麻奈美さん

11月16日号

新井 晋さん

国内唯一のプロフットゴルファーとして活躍する

新井 晋さん

11月9日号

植松 英夫さん

「青い埴輪展」を河の手ギャラリーで開催する陶芸家

植松 英夫さん

11月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月24日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

SAで無料演奏会

12月21日

SAで無料演奏会

クリスマスソングが楽しめる

12月21日~12月21日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク